そんな夕子にほれました 歌詞

歌:増位山太志郎

作詞:海老名香葉子

作曲:山路進一

やさしい言葉 暗い過去
みんな鏡が 知っている
一人ぼっちの かわいい女
そんな夕子に・・・
そんな夕子に ほれました

小さな一間 アパートに
白いお鍋が 光ってた
ソッと生きてる かわいい女
そんな夕子に・・・
そんな夕子に ほれました

グラスを持つ手 ふるわせて
愛が欲しいと 泣いていた
ナイトクラブの かわいい女
そんな夕子に・・・
そんな夕子に ほれました

キャベツをきざむ 手を止めて
今日はこのまま 側にいて
いつも甘える かわいい女
そんな夕子に・・・
そんな夕子に ほれました
増位山太志郎の人気歌詞
男の背中

男の肩と 背中には むかしの影が ゆれ ...

そんな女のひとりごと

お店のつとめは はじめてだけど 真樹さ ...

冬子のブルース

酔えばはしゃいで たおれこみ 俺のこの ...

酒みれん

こころも躰(からだ)も 惚れさせて 梨 ...