盛り場かもめ 歌詞

歌:村上幸子

作詞:たきのえいじ

作曲:三木たかし

男の心は通り雨
気がつきゃもういない
うそとまことの真ん中で
あ~今夜もひとり

※寒いよ 寒いよ
今じゃすがれる人もない
あ~誰かそばに来て
盛り場かもめ 私はかもめ
赤いネオンが目にしみる※

街角あたりの占いじゃ
いいことありそうで
忘れましょうか いやなこと
あ~背中を向けて

流れて 流れて
どこに流れて行くのやら
あ~女がひとり
盛り場かもめ 私はかもめ
今じゃふるさと帰れない

(※くり返し)

村上幸子について

1979年に「雪の越後をあとにして」でデビュー 1984年に「酒場すずめ」をヒットさせ、その後も「放浪記」「純情物語」などを歌った。 1990年7月23日死去
村上幸子の人気歌詞
酒場すずめ

涙という木に 止まった鳥は 人のやさし ...

放浪記

束ねた髪に ほこりをためて 一皿五銭の ...

不如帰

命二つを 結ぶ糸 ちぎれて哀し 相模灘 ...

笹舟

あなたを待ちます いつまでも… こころ ...

北の港のみれん船

北の港の 桟橋に あなたがつないだ み ...

螢火情話

暗い海鳴り 窓の外 ため息一つ肩です ...

それなりに青い鳥

爪を噛む 女にだけ 聴こえる あの歌は ...

京の川

生きるか 死ぬかの 恋をして 女は綺麗 ...

女の旅路

流れ流れて 明日は浮雲 女ひとりが た ...