千年の古都 歌詞

歌:都はるみ

作詞:吉岡治

作曲:弦哲也

約束もなく 日が暮れて
衣笠山に 一番星です
蚊柱を追う こうもりも
機織る音も 変わらないですね
夏は 火の車 抱いたまま
冬は 心に闇を 凍らせて
母が唄った 星の歌
あの星は あの星は
あなたにとって 何ですか

※あぁ 時は身じろぎもせず
悠久のまま
あぁ 時は身じろぎもせず
悠久のまま
千年の古都※

これほど星が 多いとは
ガラスの街で 忘れていました
根付の鈴を 嬉しさに
地蔵の辻で 鳴らしてみました
春は 秘めやかに 若葉雨
秋は 燃えたつような 曼珠沙華
母が祈った 流れ星
陽は昇り 陽は昇り
別離と出会い 繰り返す
あぁ 夢は老いることなく
悠久のまま
あぁ 夢は老いることなく
悠久のまま
千年の古都

(※くりかえし)

都はるみについて

昭和38年 第14回コロムビア全国歌謡コンクール優勝 昭和39年 「困るのことョ」でコロムビアレコードよりデビュー 「アンコ椿は恋の花」(星野哲郎・詩 市川昭介・曲)がミリオンセラーとなる。 同曲で第6回日本レコード大賞・新人賞を受賞 昭和40年 「涙の連絡船」が2作目のミリオンセラーとなり、NHK紅白歌合戦に初出場 昭和51年 「北の宿から」で、日本レコード大賞、日本歌謡大賞の両賞を受賞 昭和55年 「大阪しぐれ」で、日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞。レコード大賞史上初の三冠王達成
都はるみの人気歌詞
北の宿から

あなた変わりはないですか 日ごと寒さが ...

好きになった人

さよなら さよなら 元気でいてね 好き ...

愛は花、君はその種子

やさしさを 押し流す 愛 それは川 ...

アンコ椿は恋の花

三日おくれの 便りをのせて 船が行く行 ...

大阪しぐれ

ひとりで 生きてくなんて できないと ...

涙の連絡船

いつも群れ飛ぶ かもめさえ とうに忘れ ...

小樽運河

精進おとしの 酒をのみ 別の生き方 あ ...

夫婦坂

この坂を 越えたなら しあわせが 待っ ...

古都逍遥

春爛漫の 嵐山 落花の雪に 踏み迷う ...

アラ見てたのね

さあさ皆さま 恋した時は 身ぶりそぶり ...

おんなの海峡

別れることは 死ぬよりも もっと淋しい ...

道頓堀川

小雨がそぼ降る 道頓堀に 涙でともる ...

ムカシ

ムカシ ムカシ そのムカシ いいことば ...

浮草ぐらし

明日のことさえ わかりはしない 他にい ...

東京セレナーデ

夜霧が流れる 狸穴あたり 咲く夢 散る ...

今ひとたびの~VAYA CON DIOS~

場末あたり 掛かりそうな 名画みたい ...

貴方の命

命重くて 闇に包まれ 生きてる意味を ...

草枕

人の世の 夢にはぐれて 行きくれて ...

雨やどり

傘は あなたが さしかけて 私がさせば ...