林檎抄 歌詞

歌:森進一

作詞:阿久悠

作曲:川口真

ひとりの女が林檎をかじりながら
私の部屋にやって来たのは
灰色の長雨に くさくさしていた午後でした

不幸と土産とさびしく笑いながら
ホットな酒をのんでいるのは
その昔 少しだけ 心をかわしたひとでした

何も話すなよ 何も聞かないから
居心地がいいのなら いつまでもいるがいいよ

ひとりの女が林檎を一つ残し
私の部屋を出ていったのは
待ちわびた夏の陽がぎらぎら輝く朝でした

不幸が好きだと 唇ゆがめながら
男のもとへ去って行くのは
運命に流されて おぼれているよなひとでした

何も話すなよ 何も聞かないから
ひからびた林檎だけ テーブルに置いておくよ

何も話すなよ 何も聞かないから
ひからびた林檎だけ テーブルに置いておくよ
森進一の人気歌詞
襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...

港町ブルース

背のびして見る海峡を 今日も汽笛が遠ざ ...

冬のリヴィエラ

彼女によろしく伝えてくれよ 今ならホテ ...

盛り場ブルース

咲いて流れて 散って行く 今じゃ私も ...

恋月夜

あんたの匂いが 恋しいよ 飾りもなんに ...

年上の女

だから分って ほしいのと そっとからん ...

それは恋

朝露の 深い道から 訪れて 私をとらえ ...

狼たちの遠吠え

ささやかな うぬぼれに酔いしれ しあわ ...

北の螢

山が泣く風が泣く 少し遅れて雪が泣く ...

さらば友よ

このつぎの汽車に乗り 遠くへ行くと あ ...

モロッコ

スコッチをダブルで 氷浮かべてくれ こ ...

女の愛

男は夢を追う 女はあなたが 夢なのよ ...

命かれても

惚れて振られた 女の心 あんたなんかに ...

おふくろさん

おふくろさんよ おふくろさん 空を見上 ...

夜行列車

ほんとにひと駅だけだぜ 夜行列車に君を ...

旅路の果てに

人の妻だと 噂にきいて 風の行方を た ...

東京物語

今日からは赤い爪 あなたに見せない す ...

新宿・みなと町

新宿はみなと町 はぐれ者たちが 生きる ...

私の恋

初めて抱かれた あの日から 幸せ約束  ...

恋ひとすじ

一度こうだと 決めたなら 決めたとうり ...