私乃悲川 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:白鳥園枝

作曲:関野幾生

この川の ほとりに立てば
身を切るような 別れ風
愛はどうして どうして
こんなに はかないの
まるでドラマのような 物語
別れて三年 私乃悲川

幸せの 灯りを求め
手を取り合って 生きた日々
体大事に 大事に
暮らして 下さいね
ひとり涙をぬぐう 夜ばかり
運命(さだめ)を越えたい 私乃悲川

あたたかい 心にふれて
結んだ絆 この命
遠いあなたの あなたの
すべてが 気にかかる
いいえ いつかはきっと 逢えますね
愛して哀しい 私乃悲川
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...