人生二人三脚 歌詞

歌:竜鉄也

作詞:田村貞雄

作曲:遠藤実

雨が降っても 傘さえさせぬ
つえをたよりの 残りの命
身を寄せ合った 相合い傘が
映える舗道の水たまり
あゝ人生二人三脚
たのむぜ お前

やっとこれから 楽させようと
思う矢先の つまずき癖に
何も言わずに 肩かすけれど
じんと心が伝わるぜ
あゝ人生二人三脚
たのむぜ 今日も

ここで負けては 何にもならぬ
登る途中の人生峠
かわいい子供にゃ苦労はかけぬ
俺とお前はいつまでも
あゝ人生二人三脚
たのむぜ お前
竜鉄也の人気歌詞
奥飛騨慕情

風の噂さに 一人来て 湯の香恋しい 奥 ...

紬の女

草木の紬に身をつつみ 踊った姿が忘られ ...

旅の宿

夜空にけむる 湯の町を 月のしずくに ...

土佐恋慕情

逢ってみたいな ひと眼でいいと 悩みつ ...

男の酒場

よしな よしなよ もう酒は 飲むほど苦 ...

勝負

涙涸れても 血の一滴く 骨の髄から 出 ...

北陸流れ旅

雪の袈裟着た 白馬岳の 膝にすすきの ...

別れ雪

波止場は昏れて灯台に 泣いてる影がただ ...

屋台酒

にぎわう街の 片隅で 俺と良く似た奴が ...

お吉

お国のためと 聞かされて どうして嫌と ...

みちのくの女

泣いているような 潤んだその眸 ママよ ...

山の駅

緑変わらぬ この町に 君の姿は あるだ ...

哀愁の高山

うるむネオンの 裏町を ふたりで歩く ...

いのちの旅路

行く手さえぎる 闇夜がこわい 深い谷間 ...