人生つづら坂 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:たきのえいじ

作曲:弦哲也

ひとつ越えても その先に
続く七坂 忍ぶ坂
明日を手さぐり 爪先立てて
咲かすしあわせ 八分咲き
夢を心の 杖にして
登る人生 つづら坂

過ぎてしまえば 苦労さえ
節目 節目の 宝もの
語りきれない 身の上ばなし
胸の暦に 書いてある
人の情けに 手を借りて
登る人生 つづら坂

人の姿が 鏡なら
映る自分も また鏡
汗と涙を 肥やしに変えて
生きてはじめて 味がでる
雨が足元 濡らそうと
登る人生 つづら坂
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...