新宿旅鴉 歌詞

歌:尾形大作

作詞:吉田旺

作曲:叶弦大

人情ひらひら 紙よりうすい
表通りに背を向けて
ネオン街道 とまり木づたい
飲んで 飲まれて騒いでも
背が泣いてる 背が泣いてる
新宿旅鴉

連れて行ってとすがったやつが
こんな俺にもひとりいた
あいつ倖せ つかめたろうか
夜の花園 歌舞伎町
風が身にしむ 風が身にしむ
新宿旅鴉

夢が欲しさに 人恋しさに
知らぬ同志が もやい酒
調子はずれと 笑わば笑え
親父ゆずりの しゃがれ唄
酔えば顔出す 酔えば顔出す
新宿旅鴉

尾形大作について

昭和56年11月『倖せ なみだ色』でポリドールレコード よりデビューして一躍アイドル的存在になる。 昭和61年に『無錫旅情』が売上げ130万枚を越す大ヒット。その年の日本歌謡大賞放送音楽賞・日本レコード大賞金賞を受賞する。
尾形大作の人気歌詞
無錫旅情

君の知らない 異国の街で 君を想えば ...

吉田松陰

時と命の 全てを賭けた 吉田松陰 憂国 ...

大連の街から

ここが大連の街 とてもきれいだね 駅前 ...

塩原旅情

名所たどれば 限りなく 誇り高きは 塩 ...

時代(ZIDAI)

憂き世嵐の 夜が明けりゃ うらみつらみ ...

筑後川

まぶたとじれば 葦雀の 童歌も懐かし ...