白い花の咲く頃 歌詞

歌:岡本敦郎

作詞:寺尾 智沙

作曲:田村しげる

白い花が 咲いてた
ふるさとの 遠い夢の日
さよならと 云ったら
黙って うつむいてたお下髪
悲しかった あの時の
あの 白い花だよ

白い雲が 浮いてた
ふるさとの 高いあの峰
さよならと 云ったら
こだまが さよならと呼んでいた
淋しかった あの時の
あの 白い雲だよ

白い月が ないてた
ふるさとの 丘の木立ちに
さよならと 云ったら
涙の眸で じっとみつめてた
悲しかった あの時の
あの 白い月だよ

岡本敦郎について

1954年『高原列車は行く』が大ヒット。ほかに「白い花の咲く頃」などのヒットがある。
岡本敦郎の人気歌詞
高原列車は行く

汽車の窓から ハンケチ振れば 牧場の乙 ...

あこがれの郵便馬車

南の丘を はるばると 郵便馬車が やっ ...

リラの花咲く頃

リラの花が 胸に咲く今宵 ほのかな 夢 ...