昭和の女 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:遠藤実

作曲:遠藤実

燃えるこの肌 涙で冷まし
好きなあの人 待っている
淋しさつのる この恋だけど
夜の化粧で お酒と生きる
そうよ・・・昭和の女は 情に深い

誰のギターか 心にしみて
想いだします あの夜を
添い寝の腕の 枕が欲しい
またの逢う日を 支えに生きる
そうよ・・・昭和の女は 痛みに耐える

うまく世間が 渡れぬわたし
だから演歌が 友になる
情の川は 心の中ね
明日の希望を 浮かべて生きる
そうよ・・・昭和の女は 命を賭ける
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...