永遠と一瞬 歌詞

歌:レミオロメン

作詞:藤巻亮太

作曲:レミオロメン

履き古した スニーカーの踵を踏んで ジャンプする
遠くまで飛ぶイメージのまま 白線さえも越えてゆけ

永遠の彼方からこぼれ落ちて 流れ星にしがみついた
目を離した枕元に そんな夢を幾つ残した

希望の色は空色 見上げるけど飛べないまま
僕は僕だよと呟けば
ありのままでいる事はこれほど難しい

下駄箱の中 埃のにおい くすむ思い出は灰色
描いた背中 鏡の姿 ちぐはぐ過ぎて笑えない

一瞬の隙間から はがれ落ちて 流れ星にすがりついた
目を覚ました枕元に そんな夢を幾つ残した

希望の色は空色 見上げるのさ飛べるまで
僕は僕だよと呟けば
ありのままでいる事はこれほど容易い
いつだって旅の途中 いつもより荷物は少なめ
手を離して 宇宙になって
闇の中 羽ばたいて ゆっくりと鳥になりたい

希望の色は空色 見上げるのさ飛べるまで
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
ララバイさよなら

歌:米津玄師

痛みも孤独も全て お前になんかやるもんか ...

春三

歌:ゆず

時には風に吹かれて 考える事もなく 廻 ...

思い出せなくなるその日まで

歌:back number

世界で1番大事な人が いなくなっても日 ...

さあいこう

歌:wyolica

僕たちは何かを求め 引き出した 心の街を ...

助演女優症2

歌:back number

最後のデートくらいはどんなに 多忙だっ ...

歌:ET-KING

▲偶然が重なり巡り会い 共に過ごす日々 ...

ターナーの汽罐車 -Turnner's Steamroller-

歌:山下達郎

退屈な金曜日 埋め合わせのパーティー ...

向日葵が咲ク時

歌:ゆず

南風が君の髪をなびかせて 緩やかに夏が歩 ...

すずめ

歌:中島みゆき

別れの話は 陽のあたる テラスで紅茶を ...

黄昏散歩

歌:ゆず

いつもの通りを歩き出す 何らいつもと変 ...

黄砂に吹かれて

歌:中島みゆき

黄砂に吹かれて聴こえる歌は 忘れたくて ...

レミオロメンの人気歌詞
3月9日

流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感 ...

粉雪

粉雪舞う季節はいつもすれ違い 人混みに ...

Sakura

さくらの花が咲いているよ 君を包んで咲 ...

ありがとう

愛する人がどんどん増えてく それって素 ...

もっと遠くへ

もっと遠くへ行きたいと願った たっ ...

茜空

夕べの月の 一昨日の残りの 春の匂いで目 ...

夢の蕾

冬の終わりに風が吹いた 妙に暖かくて泣 ...

太陽の下

ぼんやり日が落ちて 輝く星 太陽の贈り物 ...

Ah 人生は旅だと言われる 伸るか反る ...

南風

騒ぎ立てる鳥の群れ 傾いた秒針追って ...

スタンドバイミー

枕木 昼下がりの線路独り占め コインと ...

明日に架かる橋

夢見てOK それでOK 月日は矢の様に ...

電話

こんなに暑い日が続いてる 元気でいるか ...

春夏秋冬

春は月に笑う様に 夏は花火に恋をする様 ...

アイランド

君に好かれて 君からは嫌われたんだ 僕 ...

花鳥風月

手を引いたら柔らかく ほほ寄せたら暖か ...

Wonderful & Beautiful

6キロ前から渋滞の列が スキー板の様に ...

恋の予感から

どうしようもない愛しさを 何に例えられ ...

1-2 Love Forever

今日が最高って感じたら幸せ ジレンマの ...

小さな幸せ

どんな大きな失敗もあるけど いつかは笑 ...