おもいでの雨 歌詞

歌:石原詢子

作詞:三浦康照

作曲:影山時則

むせび泣くよに 降る雨が
女の胸に しみるのよ
ひとり手酌で 飲む酒に
今夜も淋しさ まぎらす私
酔えばなお更 恋しさが
つのる旅路の 雨の宿

胸がしくしく 痛みます
あなたがくれた 恋の傷
どうせふたりは はじめから
別れるさだめの 出逢いでしょうか
ひとり雨音 聞きながら
夢で逢えるの 面影に

古い女で いたいから
かくれた愛に 生きてます
雨よ私の せつなさを
流せるものなら 流してほしい
今日もあなたの おもいでに
泣いていました 旅の宿

石原詢子について

詩吟揖水流(いすいりゅう)家元である父のもと、4歳から詩吟を習い始め、12歳で師範代に。しかし歌手への夢をあきらめきれず、単身上京。1988年10月21日、「ホレました」でソニーレコードよりデビュー。2000年末、「みれん酒」で第51回『NHK紅白歌合戦』に初出場。
石原詢子の人気歌詞
みれん酒

お酒にすがる 悲しさを きっとあなたは ...

美ら島恋歌

南風に吹かれて 椰子の葉ゆれて 白い砂 ...

この世で一番好きな人

お前は花なら 白ぼたん あなたに言われ ...

通り雨

女は 淋(さみ)しいね 女は せつない ...

黒田節 (詩吟「名鎗日本号」入り)

酒は飲め飲め飲むならば 日の本一の此の ...

化粧なおし

カモメおまえも 淋しいか 波止場が寝床 ...

夕霧海峡

あの人を 連れて連れて連れて行くなら ...

浜唄

沖のかもめが 別れをせかす わたし港で ...

手鏡

捨てないで 捨てないで あきらめきれな ...

明日坂

愛の荷車 ふたりで引いて 夢の架け橋 ...

こころに春を

生きてゆこうよ 険(けわ)しい人生(みち ...

山行

遠く寒山(かんざん)に上れば 石径(せっ ...

涙に抱かれて

二度と恋など 出来ない程に 傷あと残し ...

寿 契り酒

めでためでたの 夫婦の門出 命重ねる  ...

あまやどり

やりたいことも あるだろに 他人(ひと ...

人恋しぐれ

幾つになろうと 女の胸は 叶わぬ恋に ...

雪散華

空をちぎって 雪が舞う あなたの背中に ...

濃尾恋歌

伊吹(いぶき)おろしが 刺すよに吹けば ...

さよなら酒

うわべばかりで 恋した頃じゃ 分らなか ...