城崎恋歌 歌詞

歌:細川たかし

作詞:柚木 由柚

作曲:弦哲也

からくりかるたは もう終わり
手のひらの 先から こぼれて消えました
馳せては消える 思い出のように
名も知らぬ 汽車にのり 遠くへゆきたい
城崎、湯の町 かた結び
花の咲く 花の咲く 花の咲く町へ

麦わら細工に 手を添えて
あのときの あなたは いずこの町の人
宿りに帰る 海鳥のように
おだやかな 風にのり 飛んでゆきたい
城崎、湯の町 夢ごよみ
花のよぶ 花のよぶ 花のよぶ頃に

散りぬる ゆのはな 手のひらに
浮かべて 涙に ひとたび返し歌
にじんでゆれる 夕日のように
やさしくて あたたかい 花になりたい
城崎、湯の町 恋つむぎ
花の咲く 花の咲く 花の咲く町よ

細川たかしについて

デビュー曲「心のこり」(75年)、2年連続でレコード大賞を受賞した「北酒場」(82年)と「矢切の渡し」(83年)など、日本人の心に残る名曲を数々輩出している。
細川たかしの人気歌詞
望郷じょんから

津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ みんなは達 ...

北酒場

北の酒場通りには 長い髪の女が似合う ...

心のこり

私バカよね おバカさんよね うしろ指 ...

矢切の渡し

つれて逃げてよ・・・ ついておいでよ・ ...

正調おそ松節(おそ松くんより正調おそ松節)

うちの父ちゃんは サラリーマン 満員電 ...

浪花節だよ人生は

飲めと言われて 素直に飲んだ 肩を抱か ...

おそ松くん音頭

おそ松のズボンを カラ松がはいて ...

津軽じょんがら節

ハアー お国自慢の じょんがら節よー ...

応援歌、いきます

あーああんあ あー ツイているとか ...

佐渡の恋唄

佐渡へ佐渡へと 流れる雲に のせてゆき ...

夢暦

冬の夜道を 吹雪の駅を 帰るあてない ...

女ごころ

あの人を 悪く言わないで 愛し足りない ...

ゆきずり

指輪のひとつも やれない俺に 二年もつ ...

冬嵐

吹雪舞い散る 北の海 今日もしばれて  ...

六つの星セントラルリーグ連盟歌

汗と涙を流した数で 明日の勝負に賭けて ...

置き手紙

許してください ごめんなさい 鍵はかえ ...

いのち舟

乗せて下さい この世の川を 渡り切るに ...

恋の酒

あんなにいい女 ふたりといない なんで ...

北の尋ね人

逢いたい ひとめ逢いたくて はるばると ...

女のしぐれ

雨が降るから 泣けるのか 恋の重さに ...