しあわせ岬 歌詞

歌:都はるみ

作詞:たかたかし

作曲:岩久茂

しあわせになりたいなァ
愛する人の胸に抱かれて
ホロホロと泣きたいなァ
悲しみを忘れて あまえてみたい
あゝ 海に赤い夕陽が沈む
あなた乗せた船は 船は見えない
岬に 春が来るというのに

しあわせになりたいなァ
あなたと二人ここで暮らせたら
苦労さえ楽しいなァ
どんなわがままでも 聞いてあげたい
あゝ こんな夜はお酒をつけて
ひとり待てばあなた あなた恋しい
岬に 春が来たというのに

しあわせになりたいなァ
浜木綿が咲く北の岬は
潮騒の音ばかり
くちびるが燃えます 日暮れが来ます
あゝ そうよここがあなたの故郷
帰る時をわたし わたし待ちます
岬に 春が過ぎてゆくけど

都はるみの人気歌詞
アンコ椿は恋の花

三日おくれの 便りをのせて 船が行く行 ...

夫婦坂

この坂を 越えたなら しあわせが 待っ ...

北の宿から

あなた変わりはないですか 日ごと寒さが ...

大阪しぐれ

ひとりで 生きてくなんて できないと ...

浮草ぐらし

明日のことさえ わかりはしない 他にい ...

雨やどり

傘は あなたが さしかけて 私がさせば ...

古都逍遥

春爛漫の 嵐山 落花の雪に 踏み迷う ...

小樽運河

精進おとしの 酒をのみ 別の生き方 あ ...

涙の連絡船

いつも群れ飛ぶ かもめさえ とうに忘れ ...

東京セレナーデ

夜霧が流れる 狸穴あたり 咲く夢 散る ...

桜時雨

負けないで 生きてゆこうねと おみくじ ...

アラ見てたのね

さあさ皆さま 恋した時は 身ぶりそぶり ...

夕陽坂

歩いて歩いて ここまで来たわ 「あなた ...