しのび恋 歌詞

歌:八代亜紀

作詞:悠木圭子

作曲:鈴木淳

逢いに行きたい 逢うのがつらい
誰も許さぬ この恋故に
二度と触れ合う こともない
あなたが愛した この指も
雨に震えて 泣いている

人の噂はこわくはないが
やつれたあなたの 涙がこわい
逢えば逢うほど 苦しめる
何も言わずに 別れたが
心も命も あなただけ

二度と逢ってはいけない人と
思えば尚更 未練がつのる
せめてあなたの 窓灯り
一目だけでも 逢いたいと
傘にかくれて しのび泣く

八代亜紀について

昭和46年9月テイチクより「愛は死んでも」でデビュー。翌年、NTV「全日本歌謡選手権」で10週勝ち抜きチャンピオンとなったのをきっかけにメジャー化。「舟唄」、「雨の慕情」等のヒット曲で有名。女優として映画・舞台でも活躍。また、絵画の腕前も一流で自身の個展を多数開催。
しのび恋 のCD・楽譜
歌謡1001 上 決定版 ひき語り歌謡のすべて (プロフェショナル・ユース)
【収録曲】・ゴンドラの唄船頭小唄祇園小唄丘を越えて影を慕いて国境の町旅笠道中野崎小唄二人は若いむらさき小唄男の純情人生の並木路流転別れのブルース雨のブルース麦と兵隊熱海ブルース九段の母純情二重奏長崎物語港シャンソン名月赤城山湖畔の宿誰か故郷を想わざる誰か故郷を想わざる新雪かえり船リンゴの唄星の流れに憧れのハワイ航路三百六十五夜湯の町エレジー青い山脈悲しき口笛玄海ブルーストンコ節長崎の鐘あざみの歌桑港(サンフランシスコ)のチャイナタウン白い花の咲く頃東京キッド越後獅子の唄赤いランプの終列車リンゴ追分君の名は雪の降る町をお富さん岸壁の母黒百合の歌高原列車は行く逢いたかったぜ赤と黒のブルースおんな船頭唄かえりの港ガード下の靴みがき東京アンナりんどう峠別れの一本杉愛ちゃんはお嫁に狂った果実リンゴ村からリンゴ村からお月さん今晩は錆びたナイフチャンチキおけさ東京だよおっ母さん東京のバスガール港町十三番地未練の波止場雪の渡り鳥喜びも悲しみも幾歳月嵐を呼ぶ男からたち日記有楽町で逢いましょう黄色いさくらんぼ南国土佐を後にして僕は泣いちっちあいつ潮来笠潮来花嫁さん死ぬまで一緒に誰よりも君を愛す無情の夢霧笛が俺を呼んでいる上を向いて歩こう王将おひまなら来てね君恋し銀座の恋の物語・銀座の恋の物語・湖愁東京ドドンパ娘はたちの詩集北帰行赤いハンカチいつでも夢を恋は神代の昔から・島育ち・遠くへ行きたい美しい十代男船高校三年生見上げてごらん夜の星を見上げてごらん夜の星をああ上野駅愛と死をみつめて愛の園アンコ椿は恋の花男の土俵男の涙おんなの宿君だけをソーラン仁義東京ブルース新妻に捧げる歌花と竜夜明けのうた愛して愛して愛しちゃったのよ赤いグラス赤坂の夜は更けて女の意地女ひとり学生時代兄弟仁義さよならはダンスの後に新聞少年夏の日の想い出涙の連絡船函館の女二人の世界尾道の女お嫁においで悲しい酒君といつまでも霧の摩周湖恍惚のブルース旅人よバラが咲いたベッドで煙草を吸わないで星のフラメンコ骨まで愛して霧氷逢いたくて逢いたくてあなたのすべてを粋な別れ小樽のひとよ関東流れ唄君こそわが命京都の夜恋のハレルヤこまっちゃうナ世界は二人のために虹色の湖博多の女ブルーシャトーぼくの妹に星が云ったよ真赤な太陽夫婦春秋夜霧よ今夜もありがとう愛のさざなみあなたのブルース雨の赤坂命かれても恋の季節コモエスタ赤坂盛り場ブルース札幌ブルース薩摩の女山谷ブルース知りすぎたのね好きになった人小さなスナック・小さな日記・小さな日記天使の誘惑年上の女長崎ブルース花と蝶ブルー・ライト・ヨコハマ星影のワルツゆうべの秘密酔いしれて忘れるものか会津の小鉄熱海の夜あなたの心にいいじゃないの幸せならばうしろ姿噂の女女の爪あと加賀の女君は心の妻だから今日でお別れ禁じられた恋雲にのりたいくれないホテル国際線待合室座頭市昭和ブルース新宿の女時には母のない子のように長崎は今日も雨だった人形の家ひとり寝の子守唄フランシーヌの場合抱擁港町涙町別れ町港町ブルースみんな夢の中夜明けのスキャット夜明けのスキャット別れのサンバ私にだって愛の旅路を愛のフィナーレ逢わずに愛して一度だけなら命預けます大阪の女大阪の女男と女のお話おんなの朝おんな道傷だらけの人生希望ざんげの値打ちもない白い蝶のサンバそっとおやすみ誰もいない海ついて来るかい長崎の夜はむらさき酔いどれ女の流れ歌四つのお願い笑って許して雨のバラードおふくろさんごめんね純子たった二年と二ヶ月で遠くはなれて子守唄何故虹と雪のバラード花嫁望郷また逢う日までよこはま・たそがれあなたの灯わたしの城下町ある女の詩怨み節おまえに女のねがい女のみち黄色いシャツ北国行きで京都から博多まで京のにわか雨恋唄・恋の町札幌・この愛に生きて四季の歌終着駅瀬戸の花嫁せんせい宗右衛門町ブルースそして神戸旅鴉旅の宿どうにもとまらない星降る街角アケミという名で十八で女ですものおんなの夢神田川霧の出船くちなしの花五番街のマリーへサヨナラ横浜てんとう虫のサンバなみだ恋なみだの操花街の母冬の旅ふるさと街の灯り夜空愛の執念愛ひとすじあじさいの雨あなたあなたにあげるうそ襟裳岬空港グッドバイマイラブ酒場にて淋しがりやしのび恋精霊流し昭和枯れすすき積木の部屋二人でお酒をふれあい夫婦鏡旅愁我が良き友よ別れの夜明け理由あいつ私は泣いています貴方につくしますあの日にかえりたい石狩挽歌浮草の宿弟よ想い出まくらからたちのふるさと北へ帰ろう心のこり酒と泪と男と女さだめ川シクラメンのかほり中の島ブルースなやみふたりの旅路無縁坂昔の名前で出ていますやすらぎあなただけをあなただけを大阪ラプソディーおもいやりおゆきおよげ!たいやきくん女の十字路おんな港町北の宿から北へすきま風青春時代津軽海峡冬景色東京砂漠どうぞこのまま二杯目のお酒ぬれて大阪花水仙ひとりふたりづれ二日酔い水割りみちづれメランコリーもう一度逢いたいわかって下さい愛の始発愛の終着駅愛のメモリー灯りが欲しい明日の詩北国の春北ホテル恋歌西海ブルース沈丁花旅の終りに暖流東京の雨を札幌で東京物語納沙布岬能登半島ふりむかないで星の砂もう一度一から出なおします青葉城恋唄いい日旅立ちいい日旅立ちおまえさんおまえとおれ季節の中で献身さらば友よ昭和たずねびと東京ららばい時には娼婦のように飛んでイスタンブール陽かげりの街日暮れ坂坊がつる讃歌夢追い酒合鍵愛の水中花大阪で生まれた女大阪で生まれた女贈る言葉男の人生おまえとふたりおもいで酒おやじの海女だからおんなの出船関白宣言新宿・みなと町人生峠チャンピオンとまり木舟唄盛岡ブルースゆきずりわかれ酒忘れてほしい亜紀子あきらめないであばれ駒あなたに生きる雨の東京雨の慕情大阪ごころいたわりいたわりあい大阪しぐれ女のきもち奥飛騨慕情おまえさんお嫁にゆけないわたしおんなの街角帰ってこいよ我慢できないわ鴎という名の酒場恋しくて恋月夜恋人よ倖せさがしてダンシング・オールナイトダンシング・ オールナイト涙のお立ち酒女房きどり花から花へと風雪ながれ旅ふたり酒ふたりの夜明けふたりはひとりふるさとの祭り港町絶唱夫婦酒夫婦舟夜明けのタンゴ夜明けの街別れたそうね別れても好きな人別れてひとり哀愁の高山愛の道あきらめて女あなたひとすじいつかどこかで命あたえて浮草ぐらし男の背中女ごころ女心は港の灯火の国の女女のグラス経験かしこい女じゃないけれど哀しみ本線日本海北寒港恋女房三の宮ブルース人生かくれんぼ他人酒洞海湾の竜東京みなと父さん函館本線人恋酒人妻雨夜酒ふたりの大阪ブランデーグラス望郷酒場鳳仙花恋のバカンスみちのくひとり旅放浪ごころ娘へのバラードめぐり逢いふたたびよこはま物語夜のめぐり逢い流氷岬わかれ川心の扉命燃やして海鳴り裏町ごころ夢ん中越前有情越冬つばめ愛しつづけるボレロ旅の終りはお前花咲港哀愁行路裏町酒場北酒場昭和流れうた立待岬契り東京セレナーデ越前岬ごめんよさざんかの宿夫婦橋黄昏のビギン氷雨浅草しぐれ恋の予感恋の予感悲しい色やね兄弟船まわり道矢切の渡し矢切の渡し夢芝居恋吹雪浪花恋しぐれみれん酒細雪お久しぶりね女の港遣らずの雨冬桜長良川艶歌娘よ伊豆の雨片恋酒下北漁港浪花節だよ人生はおはん北の螢今さらジロー俺ら東京さ行ぐだふたりのラブソング流氷子守歌祝い船そして…めぐり逢いそして…めぐり逢い・そして… めぐり逢い・TOKYOワルツ愛傷歌命船海の祈りかくれ宿あんた演歌みち女もよう夢しずく雨の港浮草情話忍路海岸わかれ雪港駅熱き心にスワンの涙雪國命くれない男の港木曽路の女池上線ゆうすげの恋天城越えしのび恋男と女のラブゲーム追憶夢暦女の駅女の酒愛は別離男と女のはしご酒想いで迷子みだれ髪憂き世川それは恋乱れ花愛の河北空港北空港酒よ滝の白糸不如帰港の五番町夢ひと夜酔いどれて愛燦燦川の流れのように指輪麦畑悲願花グッバイラブ友禅流し北の大地ランナ・ウェイ恋挽歌恋のフーガおしどり大都会恋ものがたりむかい風女泣川浪花物語夢の道草汽笛花のワルツみ・れ・ん愛すること輪舞曲心もようTOMORROW女のしぐれごめんね…まちぶせ花しずく岩木川うたかたの恋罪と罰PRIDEひだまりの詩冬の宿憂愁平野人生しみじみ…千日草浮雲酒ひとり・酒 ひとり・プリーズ…燃える恋夢・恋唄さだめ雪AUTOMATIC・Automatic・浮寝草大井追っかけ音次郎TSUNAMI明日があるさ明日があるさ明日があるさ
全曲集
【収録曲】・もう一度逢いたい舟唄雨の慕情なみだ恋おんな港町しのび恋貴方につくします愛の終着駅花水仙・別れの夜明け(デュエット:石原裕次郎)・愛の執念港町絶唱・愛は死んでも・別れてあなたを・月曜日の朝・恋街ブルース
究極盤 八代亜紀の昭和歌謡大全集
【収録曲】・舟唄・北の宿から・なみだ恋・石狩挽歌・北国の春・みちのくひとり旅・しのび恋・襟裳岬・大阪しぐれ・中の島ブルース・愛の執念・柳ヶ瀬ブルース・年上の人・新宿ブルース・ひとり酒場で・東京流れもの

八代亜紀の人気歌詞
舟唄

お酒はぬるめの 燗がいい 肴はあぶった ...

雨の慕情

心が忘れたあのひとも 膝が重さを覚えて ...

愛の終着駅

寒い夜汽車で 膝をたてながら 書いたあ ...

なみだ恋

夜の新宿 裏通り 肩を寄せあう 通り雨 ...

おんな港町

おんな港町 どうしてこんなに 夜明けが ...

もう一度逢いたい

あんな男と 言いながら 今日も来ました ...

別れても好きな人

別れた人に会った 別れた渋谷で会った ...

ともしび

あなたの命の ともしびが もうすぐ消え ...

花束(ブーケ)

※ひとり暮しに慣れたのに 愛も気にせず ...

恋瀬川

あなたと私の さだめの川は 情通わす ...

愛の執念

おぼえていてよ ねえあなた わたしがも ...

花水仙

鉢植えの水仙を 買ったのは お風呂がえ ...

愛ひとすじ

恋のあぜ道歩いてきたわ 風も見ました ...

港町絶唱

こんな私も 春には都会で 笑いころげて ...

だいじょうぶ

優しいふるさと 後にして 何度も何度も ...

おんなの夢

一度でいいから 人並に あなたの妻と ...

かもめの歌

注ぐひとと 飲むひとと だんまりで む ...

乾杯

かたいきずなに 想いをよせて 語り尽く ...