清水湊の女 歌詞

歌:長保有紀

作詞:鈴木紀代

作曲:宮下健治

男が一人に 女が二人
うまく行くはず ありません
恋むらさきに 咲くりんどうが
彩をなくして 散ってゆく
想い断ち切る ひとり旅
清水湊に 清水湊に 雪が降る

はぐれて行きたや 未練な恋と
浮かれ鴎に 割り台詞
当てもないまま 街道行けば
風の間に間に 茶の香り
うしろ髪ひく 鎌ヶ崎
波のしぶきが 波のしぶきが 又ゆれる

淋しさまぎらす 灯台あかり
出船入船 夜が明ける
朝霧かすむ 三保松原は
泣いた涙の 吹きだまり
忘れられない 名を呼べば
清水湊に 清水湊に 雪が降る

長保有紀の人気歌詞
うきよ川

生きるつらさも 嬉しさも 乗せて流れる ...

酒春秋

酔っていいかしら ねぇあなた きゅんと ...

酒唄

思い断ち切る 酒なのに 飲めば心が 燃 ...

女酒

寂しさに これ以上 耐えきれず 呑む酒 ...

夢ひとつ

あなた待つ夜は 三十路が十九 恋は耳ま ...

大阪なさけ

ここで生まれて 育ったからか 浪花こと ...

昭和流行歌

酒に浮かれる 男です 酔って泣くのが  ...

東京へ戻ります

一度別れた あなたです 故郷へ帰った ...

おさけ川

誰も好んで 泣くために 恋はしません  ...

泉州恋しぐれ

惚れた私にゃ 気のないあんた 岸和田イ ...

あんたの艶歌

俄かの雨に ひとつ傘 あんたに余計 差 ...

玄界情話

酒と度胸じゃ 負けない人も 芯はやさし ...

虞美人草

今でも時々 夢にみて 逢いたくなります ...

大阪無情

やさしい嘘で 抱かれた夜の 思い出酒場 ...

港わかれ唄

捨てちゃいやだと わたしが泣いた 離し ...

さすらい夜曲

流れ流れて この町で 送るこの世の 春 ...

おしろい天使

両親の都合で 生まれおち 家の都合で ...

北風酒場

北風シュルシュル こんな夜は 誰かのや ...

根無し草

風の通りが いい家(うち)で 庭には柘 ...

風待港

船は千来る万来る中で 貴方の船をこころ ...