宗谷岬 歌詞

歌:千葉紘子

作詞:吉田 弘

作曲:船村徹

流氷とけて 春風吹いて
ハマナス咲いて カモメが啼いて
遥か沖ゆく 外国船の
煙もうれし 宗谷の岬
流氷とけて 春風吹いて
ハマナス揺れる 宗谷の岬

吹雪が晴れて しばれがゆるみ
渚の貝も 眠りが覚めた
人の心の 扉を開き
海鳴りひびく 宗谷の岬
流氷とけて 春風吹いて
ハマナス揺れる 宗谷の岬

倖せもとめ さいはての地に
それぞれ人は 明日を祈る
波もピリカの 子守のように
想い出残る 宗谷の岬
流氷とけて 春風吹いて
ハマナス揺れる 宗谷の岬

千葉紘子について

日本万国博覧会会場(万博記念公園)で行われた「全国カンツォーネコンクール」優勝を機に芸能界入り。 1972年  『折鶴』が大ヒット。 2009年  元東京地検特捜部長の河上和雄弁護士と結婚。
千葉紘子の人気歌詞
折鶴

誰が教えて くれたのか 忘れたけれど ...