浪花侠客伝~木津の勘助 歌詞

歌:三門忠司

作詞:もず唱平

作曲:三山敏

晦日(みそか)に茶ガユの ひと掬い
せめて年寄り 子供にすゝらせて
迎えさせたい 来る年を
こんな願いが きけぬとあらば
馬鹿を承知の ひと暴れ
命捨てなきゃ 納まらぬ
勘助 出番の 蔵破り

この飢饉に公儀(おかみ)のお救米(たすけまい)、
どれほど当てにしたことか。何日待ったことか。
お蔵破りは磔(はりつけ)、獄門に決まってる。
けど黙って見過(みすご)すわけには行かんがな。
なァお里。行かしてんか…。

生まれは相模の 在ながら
水が合(お)うたか 馴染んだ木津の浜
この地浪花に 借りがある
女房お里よ 水盃を
首を振らずに 受けとくれ
二世もお前と 暮らすから
勘助 急げと 風が立つ

法被(はっぴ)に重ねた 浴衣には
肩に梅鉢 裾には金太郎
これがお供だ うれしいね
心知ってか 見上げる空に
曇り翳(かげ)りの ない月が
名残惜しやと 顔を出す
勘助 誉(ほま)れだ 鑑(かがみ)だよ

三門忠司について

昭和55年、30歳を越えた脱サラ歌手 三門忠司としてデビュー。「片恋酒」が25万枚のヒットとなり、大阪に三門ありの存在感を示す。その後「雨の大阪」等のヒットを飛ばし、浪花の演歌師と呼ばれるようになる
三門忠司の人気歌詞
上州しぐれ

上州しぐれに はぐれた鴉 ちょうど似合 ...

雨の大阪

どうせ人生 お芝居よ あんたのことも ...

ひとり涙

生きてここまで これたのは 運がよかっ ...

大阪流転

風の寒さに 背中を丸め 歩く裏町 灯( ...

百年坂

早いものだよ 一緒になって ことし節目 ...

小判鮫の唄

かけた情が いつわりならば なんで濡れ ...

流れて大阪

おれの人生傷だらけ お前も不幸な女だが ...

俺の花

なんとかなるわと いつものお前 本当に ...

裏町川

冷たい世間に 転んで泣いて いのちを温 ...

雨降る波止場

倖せひとつ おまえにやれず うしろ姿を ...

吉良の仁吉

海道名物 数あれど 三河音頭に 打ち太 ...

男の居酒屋

酒は酔うため あるものさ 若いなりして ...

大阪夜曲

北の新地の 片恋い月は 雨を呼んでる ...

俺の出番が来たようだ

肩を寄せ合い 世間の隅で 涙こらえて ...

男の足跡

男は生涯 一つの道に 拘りつづけて 光 ...

夫婦みち

御前に惚れた そのひと言で あたしあん ...

人生一勝二敗

季節はずれの 篠つく雨に 耐えて咲いて ...

大利根無情

利根の利根の川風 よしきりの 声が冷た ...

浪花の夫婦

苦労承知で 一緒になった それが浪花の ...