むすめ上州鴉 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:吉岡治

作曲:岡千秋

肩に重たい 振り分け荷物
風が冷たい 上州鴉
なんの憂き世に 未練はないが
捨てちゃならない
捨てちゃならない 夢がある

(セリフ)親子二代、はるばる歌い継いでの「上州鴉」
どうぞ皆様ご贔屓のほど
よろしくお頼み申します

恋の山坂 いくつも越えた
酒じゃ消せない 別れも知った
思いこんだら 脇目もふらぬ
そんな若さが
そんな若さが 懐かしい

丸い世間を 四角に生きて
親子二代の 上州鴉
歌は世につれ 世は歌につれ
待てば日和の
待てば日和の 春がくる

瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...