能古島の片想い 歌詞

歌:井上陽水

作詞:井上陽水

作曲:井上陽水

つきせぬ波のざわめく声に今夜は眠れそうにない
浜辺に降りて裸足になればとどかぬ波のもどかしさ
僕の声が君にとどいたら ステキなのに

つめたい風は季節を僕に 耳うちすると逃げてゆく
ときおり砂はサラサラ泣いて 思わず僕ももらい泣き
僕の胸は君でいっぱいで こわれそうだ

遠くに見えるあかりは
南へ行く船の幸せかな

悲しいだけの今夜の気持 なにかをすればまぎれると
星屑なんか数えてみても涙でそれも続かない
君が僕の中にいるかぎり
波の声で僕は眠れない 本当なんだ

井上陽水について

1969年アンドレ・カンドレの名前で「カンドレ・マンドレ」(CBSソニー)でデビュー。1972年3月井上陽水と改名。「人生が二度あれば」(ポリドール)で再デビュー。同年7月「傘がない」1973年 「夢の中へ」「心もよう」などヒットし、吉田拓郎、かぐや姫と並んで1970年代のフォークソングを代表するシンガーソングライターとなる。
井上陽水の人気歌詞
少年時代

夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれに さ ...

夢の中へ

探しものは何ですか? 見つけにくいもの ...

傘がない

都会では 自殺する若者が増えている 今 ...

帰れない二人

思ったよりも 夜露は冷たく 二人の声も ...

氷の世界

窓の外ではリンゴ売り 声をからしてリン ...

夕立

夕立 そこまで来ている 雷ゴロゴロ ピカ ...

心もよう

さみしさのつれづれに手紙を したためて ...

東へ西へ

昼寝をすれば夜中に眠れないのはどういう訳 ...

人生が二度あれば

父は今年二月で六十五 顔のシワはふえて ...

コーヒー・ルンバ

昔アラブの偉いお坊さんが 恋を忘れた  ...

Make-up Shadow

初めての口紅の唇の色に 恥じらいを気づ ...

リバーサイド ホテル

誰も知らない 夜明けが明けた時 町の角 ...

TOKYO

銀座へ はとバスが走る 歌舞伎座をぬ ...

ジェラシー

ジェラシー 愛の言葉は 愛の裏側 ジェ ...

青空、ひとりきり

※楽しいことなら 何でもやりたい 笑え ...

五月の別れ

風の言葉に諭されながら 別れゆく二人が ...

いっそセレナーデ

※あまい口づけ 遠い想い出 夢のあい ...

積み荷のない船

積み荷もなく行くあの船は 海に沈む途中 ...

断絶

夜中にデイトした 近くの公園で たしか ...

TEENAGER

青春に 僕らは海の風 青空に ビーズち ...