艶花恋 歌詞

歌:坂本冬美

作詞:池田充男

作曲:猪俣公章

よせと言われりゃ なおさら燃える
恋はいのちの 揚花火
どうせみじかい おんなの春を
咲いて散るなら 悔いはない

胸を揺さぶる 情けに負けた
押しの一手に ぐらついた
ほれてあなたに ついてくからは
浮世このみち 泣きはせぬ

可愛がられて 綺麗になって
ゆめを見るのも おんなゆえ
こんな私で 役立つならば
咲いてみせます 艶花恋

坂本冬美について

NHK「勝ち抜き歌謡天国」(和歌山大会)で名人となる。審査員・猪俣公章氏に認められ、86年4月上京。内弟子として11月まで過ごす。87年「あばれ太鼓」でデビュー。88年第39回NHK紅白歌合戦「祝い酒」で初出場。
坂本冬美の人気歌詞
また君に恋してる

朝露が招く 光を浴びて はじめてのよう ...

夜桜お七

赤い鼻緒がぷつりと切れた すげてくれる ...

俺でいいのか

惚れた男(あんた)の ためなら死ねる ...

祝い酒

浮世荒波 ヨイショと越える 今日はおま ...

男の火祭り

日本の男は 身を粉にして働いて 山に海 ...

喝采

いつものように幕が開き 恋の歌うたうわ ...

火の国の女

肥後は火の国よ 恋の国 燃える中岳よ ...

幸せハッピー

大切なものは何だと 聞かれて考えた よ ...

弁天小僧

牡丹の様な お嬢さん シッポ出すぜと  ...

待ったなしだよ人生は

弱音はいたら 勝ち目はないさ ここは一 ...

さよなら小町

別れっぷりが おとなだなんて おだてら ...

あばれ太鼓

どうせ死ぬときゃ 裸じゃないか あれも ...

津軽海峡・冬景色

上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅 ...

百年先も手をとりながら

流れる川の 水面に映る 葉影の色は ...

冬美のソーラン節

網を引け引け 網を引け まだまだ引け引 ...

羅生門

どしゃぶり雨に もろ肌脱いで 鬼がいる ...

男哭酒

暖簾(のれん)くぐれば 振(ふ)りむきざ ...

片想いでいい

顔が好みとか そんなんじゃないの いつ ...

ずっとあなたが好きでした

冬の陽だまり ふと翳す手が 落葉のよう ...

時の過ぎゆくままに

あなたはすっかり 疲れてしまい 生きて ...