サルビアの花 歌詞

歌:早川義夫

作詞:相沢 靖子

作曲:早川義夫

いつもいつも 思ってた
サルビアの花を あなたの部屋の中に
投げ入れたくて
そして君のベットに
サルビアの紅い花 しきつめて
僕は君を死ぬまで 抱きしめていようと

なのになのに どうして他の人のところへ
僕の愛の方が すてきなのに
泣きながら 君のあとを追いかけて
花ふぶき 舞う道を
教会の鐘の音はなんてうそっぱちなのさ

とびらを開けて 出てきた君は
偽りの花嫁
ほほをこわばらせ 僕をチラッと見た
泣きながら 君のあとを追いかけて
花ふぶき 舞う道を
ころげながら ころげながら
走りつづけたのさ
早川義夫の人気歌詞
この世で一番キレイなもの

弱い心が 指先に伝わって 痛々しいほど ...

NHKに捧げる歌

あゝ この広き国 日の本に 名高かきも ...