車輪の唄 歌詞

歌:BUMP OF CHICKEN

作詞:藤原基央

作曲:藤原基央

動画を観る

錆び付いた車輪 悲鳴を上げ
僕等の体を運んでいく 明け方の駅へと

ペダルを漕ぐ僕の背中
寄りかかる君から伝わるもの 確かな温もり

線路沿いの上り坂で
「もうちょっと、あと少し」後ろから楽しそうな声

町はとても静か過ぎて
「世界中に二人だけみたいだね」と小さくこぼした

同時に言葉を失くした 坂を上りきった時
迎えてくれた朝焼けが あまりに綺麗過ぎて

笑っただろう あの時 僕の後ろ側で
振り返る事が出来なかった 僕は泣いてたから

券売機で一番端の
一番高い切符が行く町を 僕はよく知らない

その中でも一番安い
入場券を すぐに使うのに 大事にしまった

おととい買った 大きな鞄
改札に引っ掛けて通れずに 君は僕を見た

目は合わせないで頷いて
頑なに引っ掛かる 鞄の紐を 僕の手が外した

響くベルが最後を告げる 君だけのドアが開く
何万歩より距離のある一歩 踏み出して君は言う

「約束だよ 必ず いつの日かまた会おう」
応えられず 俯いたまま 僕は手を振ったよ

間違いじゃない あの時 君は…

線路沿いの下り坂を
風よりも早く飛ばしていく 君に追いつけと
錆び付いた車輪 悲鳴を上げ
精一杯電車と並ぶけれど
ゆっくり離されてく

泣いてただろう あの時 ドアの向こう側で
顔見なくてもわかってたよ 声が震えてたから

約束だよ 必ず いつの日かまた会おう
離れていく 君に見えるように 大きく手を振ったよ

町は賑わいだしたけれど
世界中に一人だけみたいだなぁ と小さくこぼした

錆び付いた車輪 悲鳴を上げ
残された僕を運んでいく
微かな温もり

BUMP OF CHICKENについて

藤原基央(Vo&G)1979年4月12日O型。増川弘明(G)1979年12月20日A型。 直井由文(B)1979年10月9日A型。升秀夫(Dr) 1979年8月10日A型。 千葉県は佐倉市。幼稚園から幼馴染の4人は、同じ小学校を経て中学で再会。中学3年生の文化祭用に組んだバンドが BUMP OF CHICKENのスタートとなる。BUMP OF CHICKENというバンド名の意味は「弱者の反撃」。2002年2月20日にリリースされたメジャー・ファーストアルバム「jupiter」は、並み居る強豪を抑えてオリコン初登場第1位を獲得。
車輪の唄 のCD・楽譜

BUMP OF CHICKENの人気歌詞
天体観測

午前二時 フミキリに 望遠鏡を担いでった ...

ray

お別れしたのはもっと 前の事だったような ...

スノースマイル

冬が寒くって 本当に良かった 君の冷え ...

新世界

君と会った時 僕の今日までが意味を貰った ...

カルマ

ガラス玉ひとつ 落とされた 追いかけても ...

月虹

夜明けよりも手前側 星空のインクの中 ...

Aurora

もうきっと多分大丈夫 どこが痛いか分かっ ...

記念撮影

目的や理由のざわめきからはみ出した 名付 ...

ゼロ

迷子の足音消えた 代わりに祈りの唄を ...

K

週末の大通りを 黒猫が歩く 御自慢の鍵 ...

ギルド

人間という仕事を与えられて どれくらいだ ...

ダイヤモンド

何回転んだっていいさ 擦り剥いた傷をちゃ ...

花の名

簡単な事なのに どうして言えないんだろう ...

ラフ・メイカー

涙で濡れた部屋に ノックの音が転がった ...

アンサー

魔法の言葉 覚えてる 虹の始まったところ ...

セントエルモの火

夜が終わる前に追い付けるかな 同じ坂道の ...

ロストマン

状況はどうだい 僕は僕に尋ねる 旅の始 ...

シリウス

約束をしただろう 遥かな どこか いつか ...

プラネタリウム

四畳半を拡げたくて 閃いてからは速かった ...