覚醒(オマエに言った) 歌詞

歌:エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

オマエに昨日の夜中話したことは
別にオレが急に偉くなった訳じゃなく
三十七なり。オレの青春は終わったけれど
明日もあさってもオレはやって行くから

ひとりでいる時には様々なことを考えようとしている
偉大な人たちの考えを辿った気になって

オレの部屋には理解を超えた本と
むなしい気分がつきまとってる
感じろ 思え おのれ自身のココロで そんなことをオマエに話した

タバコをふかしながら町を歩いた
失われてく情熱をオレは歩きながら感じた

車が過ぎて
オレを通り越してゆく
タバコをふかすオレを

汗さえ流れぬ町を行くオレ
天国でも地獄でもなき今を
三十七のオレが歩いていた そんなことをオマエに言った
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
武蔵野

歌:エレファントカシマシ

俺は空気だけで感じるのさ 東京はかつて ...

愛の日々

歌:エレファントカシマシ

時が過ぎれば誰もが大人になるの ふたり ...

孤独な太陽

歌:エレファントカシマシ

ぶらぶらと帰り道 夜空を見上げたら 月 ...

ふわふわ

歌:エレファントカシマシ

何にも見えない ふわふわの生活 どれが ...

四月の風

歌:エレファントカシマシ

何かが起こりそうな気がする 毎日そんな ...

エレファントカシマシの人気歌詞
俺たちの明日

さあ がんばろうぜ! オマエは今日もど ...

四月の風

何かが起こりそうな気がする 毎日そんな ...

今宵の月のように

くだらねえとつぶやいて 醒めたつらして ...

歴史

歴史 青年期 あらゆる希望を胸に いきり ...

悲しみの果て

悲しみの果てに 何があるかなんて 俺 ...

ハナウタ~遠い昔からの物語~

遠い昔からの物語 波にきらめく泡つぶだ ...

風に吹かれて

輝く太陽はオレのもので きらめく月は ...

ふたりの冬

君が笑えば 町も笑うさ そう 輝く季節 ...

笑顔の未来へ

愛しい人涙落ちて 目の前が暗くなって ...

ガストロンジャー

お前正直な話率直に言って日本の現状をどう ...

奴隷天国

※太陽の下 おぼろげなるまま 右往左往 ...

あなたのやさしさをオレは何に例えよう

古い美術館に眠る 大切な宝物 夏の陽に ...

ゴクロウサン

おかげさまだよ あんたのおかげで 心は ...

昔の侍

※昔の侍は 自ら命を断つことで 自ら ...

大地のシンフォニー

孤独な心に届いたその手紙 「つつがなく ...

それを愛と呼ぶとしよう

Baby 忙しき日々にお前を連れて再びど ...

暑中見舞-憂鬱な午後-

晴れた日の午後町の光 通り行く人や車の音 ...

新しい季節へキミと

感じる戸惑いためらいそして 昨日はキミ ...

月夜の散歩

君と歩く 月の夜に いつもの川の道を ...

花男

ニタリ ニタリと策士ども 転ばぬ先の杖 ...