恋文 歌詞

歌:由紀さおり

作詞:吉田旺

作曲:佐藤勝

アズナヴール 流しながら
この手紙を 書いてます
秋祭に 買った指輪
小指に光ります
椅子の上には 赤い千代紙
窓のむこう 昼下りの小雨
何を見ても 貴男様を
想い出して候

熱いココア すすりながら
表書きを 書きました
夢二の絵の少女真似て
矢絣を着ています
床にはらはら 芥子の花弁
窓を染める 雨あがりの夕陽
朝に夕に 貴男様を
お慕い申し候

拙き文を 読まれし後は
焼いて欲しく候
由紀さおりの人気歌詞
手紙

死んでもあなたと 暮らしていたいと 今 ...

夜明けのスキャット

ルルル・・・ ラララ・・・ パパパ・ ...

ルーム・ライト

あなたが運転手に 道を教えはじめたから ...

愛だとか

ひとつのパンを分けあえれば それだけで幸 ...

りんどうの花

むらさき淡い りんどうは あなたと摘ん ...

さよならの走り書き

一枚の便箋に さよならの走り書き 悲 ...

心の家路

沈む夕陽を追いかける子供たち 夏の終り ...

初恋の丘

まぶしく輝く 青い大きな空も ときどき ...

生きがい

今あなたは目ざめ 煙草をくわえてる 早 ...

つかの間の雨

あなたがそっと 右手を出して 雨に濡れ ...

しあわせ

ある日 ふたり 出会い ふいに 恋に  ...

TOKYOワルツ

脱いだヒールを両手にさげて 裸足で街を ...

季節の足音

柔らかな陽が差して コートを脱ぐように ...

しあわせのカノン~第2章~

ルルルル… ルルルル… よろこび悲し ...

挽歌

やはり あの人は 私を送りに来なかった ...

スイートワルツの流れる川に

時は過ぎて はるかに 夢は 消えて 遠 ...

トーキョー・バビロン

星までとどく ガラスのエレベーター 今 ...

ストレート

出会った人の数 別れた人の数引いて 後 ...

あなたと共に生きてゆく duet with テレサ・テン

陽だまりの中で 手をつないで歩いた い ...