恋唄綴り 歌詞

歌:麻生詩織

作詞:荒木とよひさ

作曲:堀内孝雄

涙まじりの 恋唄は
胸の痛さか 思い出か
それとも幼い あの頃の
母に抱かれた 子守歌
ああ……夢はぐれ 恋はぐれ
飲めば 飲むほど 淋しいくせに
あんた どこにいるの
あんた 逢いたいよ

窓にしぐれの この雨は
あすも降るのか 晴れるのか
それとも涙が かれるまで
枕ぬらして かぞえ唄
ああ……夢はぐれ 恋はぐれ
泣けば 泣くほど 悲しいくせに
あんた 抱かれたいよ
あんた 逢いたいよ

ああ……夢はぐれ 恋はぐれ
飲めば 飲むほど 淋しいくせに
あんた どこにいるの
あんた 逢いたいよ

麻生詩織について

テレビ朝日系ドラマ「はぐれ刑事純情派」挿入歌として決まっていた「恋唄綴り」のオーディションに合格し、1989年5月25日同曲でデビュー。
麻生詩織の人気歌詞
シナリオ

何も云わないで おやすみなさい 疲れた ...

紅葉前線

ひと足先に 信濃路を 秋の絵筆が 伸び ...

夢の降る街

青い森を抜け 辿り着いた街は 星も雪も ...

泣いて泣いて

※哀しくって哀しくって 涙が途切れない ...

帰りたくない夜

ねぇ良かったら 話聞いてくれる ゆうべ ...

夜明けのトンボ

向こうみずね ないものねだりね まるで ...

背中めがけて投げキッス

別ればなしは うまく言ってよ 都会暮ら ...

ろくでなし

あんたがおもう そんな女性が どこかに ...

みちのく本線

隠し切れない 心の辛さ ぬぐえるものは ...

おもいでジェラシー

宵待草の花が 堀割りに ふたつみつ 人 ...