ふたり坂 歌詞

歌:伍代夏子

作詞:仁井谷俊也

作曲:水森英夫

ひとりは冷たい この世でも
寄り添うふたりは 暖かい
苦労・七坂 誰でもあるが
夢があるから 歩いてゆける
惚れて…惚れて…
惚れて道づれ ふたり坂

利口で可愛い 阿呆になれ
今夜もお酒に 酔って云う
口は悪いが 情けにあつい
そんなあなたが こころの灯り
逢えて…逢えて…
逢えて倖せ ふたり坂

甘えてもたれた その背中
忘れた故郷の 匂いです
永い人生 これから先も
ささえ・いたわり 明日に生きる
生命(いのち)…生命…
生命ふたつの ふたり坂

伍代夏子について

昭和62年にシングル「戻り川」でデビューし、35万枚を売り上げるロング・セラーを記録した。「忍ぶ雨」(平成2年)、女の淋しさを描く「恋挽歌」(平成3年)、故郷の母を想う「雪中花」(平成4年)などを立て続けにヒットさせ、紅白歌合戦出場や全日本有線大賞受賞などを果たした。平成11年12月には俳優の杉良太郎と入籍し、女性として、歌手としての魅力に一層の磨きをかけている。
伍代夏子の人気歌詞
忍ぶ雨

人目にふれる 花よりも 影で寄り添う ...

ひとり酒

あなたと肩を並べて飲んだ お酒が恋しい ...

宵待ち灯り

酔ってうたた寝 あなたの頬に 触れてし ...

恋挽歌

日暮れまぢかの 駅裏通り 指でふきとる ...

雪中相合傘

あゝ あなた ここから先は 人生乱吹( ...

肱川あらし

非の打ちどころの ない人なんていませんよ ...

戻り川

涙みせたら あなたが困る いいの いい ...

紅 燃ゆる 遠(とお)の空 語れるも ...

矢車草

あなたに出逢って あなたを愛し 人恋う ...

女のまこと

さむい夜更けの 盃に 男は夢を うかべ ...

海峡の宿

人をだました こともない ふたりが世間 ...

霧笛橋

胸におさめた はずなのに 霧も隠せぬ ...

雨のめぐり逢い

雨がとりもつ 縁かしら それとも誰かの ...

女のひとりごと

幸せさえぎる 冷めたい雨に 何度もつま ...

袖しぐれ

あふれる涙を 蛇の目の傘に 隠して別れ ...

わかれうた

途に倒れて だれかの名を 呼び続けたこ ...

おしどり夫婦じゃないけれど

愛想笑いで 世渡りできりゃ もっと暮し ...

夢しぐれ

春がくるのを 待ちきれず 咲いて悲し ...

満月

燃える西陽を 浴びながら 真っ赤に染ま ...

鳴門海峡

髪が乱れる 裳裾が濡れる 風に鴎が ち ...