こころ妻 歌詞

歌:北見恭子

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

あなたの残した 吸い殻を
かぞえる女に なりました
そばに居たって 遠いのに
離れて待てば 一夜でも
死ぬほど長い こころ妻

あなたはどうして あなたなの
私はどうして 私なの
他の二人で あったなら
この世の涯ての 涯てまでも
離れずついて ゆくものを

あなたに貰った 涙なら
泣くのも たのしい しのび逢い
そっと手のひら みせあって
灯影によれば 身を千切る
片瀬の夜の 別れ風

北見恭子について

小学校3年山形放送「花の民謡相撲」ラジオコンテスト入賞。高校2年山形放送「ミス民謡コンクール」優勝。 昭和48年 「夏の夜祭り」でコロムビアよりデビュー 。昭和54年 作曲家船村徹先生に師事以来漁船海難遺児チャリティー活動を続ける。 昭和60年 漁船海難遺児チャリティー活動に対し水産庁長官賞受賞。 平成2年 第23回全日本有線放送大賞「特別賞」受賞 。平成5年 第1回水産ジャーナリストの会「年度賞」受賞 。 平成10年 漁船海難遺児チャリティー活動に対し農林水産大臣より感謝
北見恭子の人気歌詞
紅の舟唄

この舟が 酒田港に 着くまでは わたし ...

大漁華しぶき

波をけちらし 港に入る 船に五色(ごし ...

小倉恋日記

嘆くまい 嘆くまい いずれの日にか 忘 ...

おんなの春

一度吹雪けば 三日は止まぬ 胸の隙間に ...

桜前線

「今年さいごの 桜じゃろうか」 「何を ...

石に咲く花

雨の小さな ひとしずく‥ 石のくぼみに ...

おんな夢

忘れることが できない人は きっとわた ...

鈍行夢列車

おまえさん 後ろへ走っているのかと 特 ...

恋双六(こいすごろく)

惚れて別れて 振り出しに 戻る男女の  ...

さみしがり

男ぎらいを 通せるもんか 私の女が 愚 ...

霧情の港

忘れたつもりのおもかげを 思い出させて ...

あがらっしゃい

よしず囲いの 屋台を叩く 霙まじりの ...

夫婦ちぎり

あなたひとりの からだじゃないと 俺を ...

おんな山唄

楔(くさび)ぶちこみ 石を切る 音の谺 ...

淋しいね

別れたあいつの 名前をつけた 猫を呼ん ...