続・くだらない唄 歌詞

歌:BUMP OF CHICKEN

作詞:藤原基央

作曲:藤原基央

湖の見える タンポポ丘の 桜の木の下で
下ろしたての コートのポケットに 手を入れて
数年前にもこの場所で 同じポーズしていた事
思い出してやっと実感 「僕は帰って来た」

積もった落ち葉が 踏まれて音をたてた あの日と同じ 乾いた音
昇った朝日に 手を振り夢を見た
あの日が重なる中

この手は 振れない 大事なモノを落とし過ぎた
この眼は 余りに 夢の見過ぎで悪くなった

あの日と違うのは 僕だけ

電車に乗って 2時間ちょっとの都会に出て来た
小さなそのプライドを 見せてやろうとした
電車に乗って 2時間ちょっと いつでも帰れると
軽く考えていたのが そもそもの間違いだった

ここで手にした「輝かしいどうのこうの」に
それよりも輝かしい あの日が
見事に壊されていくようで 怖くって
何度も確かめてみる

この手に 今まで 掴ませた願いのカケラも
この眼に 今まで 睨ませた明日の行方も

壊されちまうのか?
間違っていたのか?

湖の見える タンポポ丘の 桜の木の下で
手頃なヒモと 手頃な台を 都合良く見つけた
半分ジョークでセッティングして そこに立ってみた時
マンガみたいな量の 涙が 溢れてきた
数年前にもこの場所で よく こっそり泣いたっけ
「あのコにふられた」だとか 可愛いもんだったけど
数年前と同じ気持ちで 朝日を待ってんだ
あの やたらとくだらない唄も唄いながら

原因不明の涙を流しながら あの日の気持ちで 朝日を待つ
また手を振れるかな 夢が見えるかな
景色に色が付く

この手が ゆっくり 僕の右上で弧を描いた
この眼が 辛うじて 飛んでいく綿毛を見送った
この手が 今まで 落としたモノは拾えるかな
この眼が 今でも ギリギリで見えていて良かった

あの日と違うのは
ヒゲの生えた顔ぐらいさ
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
グングニル

歌:BUMP OF CHICKEN

そいつは酷い どこまでも胡散臭くて 安っ ...

カルマ

歌:BUMP OF CHICKEN

ガラス玉ひとつ 落とされた 追いかけても ...

ray

歌:BUMP OF CHICKEN

お別れしたのはもっと 前の事だったような ...

才悩人応援歌

歌:BUMP OF CHICKEN

得意な事があった事 今じゃもう忘れてるの ...

時空かくれんぼ

歌:BUMP OF CHICKEN

安心すると 不安になるね 例えば 今 ...

K

歌:BUMP OF CHICKEN

週末の大通りを 黒猫が歩く 御自慢の鍵 ...

飴玉の唄

歌:BUMP OF CHICKEN

僕は君を 信じたから もう裏切られる事は ...

flyby

歌:BUMP OF CHICKEN

ワタシハ ドンナニ離レテモ イツダッテ僕 ...

乗車権

歌:BUMP OF CHICKEN

排気ガスを吐いて 腹ぺこのバスが来る ...

友達の唄

歌:BUMP OF CHICKEN

あなたが大きくなるまでに 雨の日なんて何 ...

かさぶたぶたぶ

歌:BUMP OF CHICKEN

僕はかさぶた 君の膝小僧 擦りむいたトコ ...

BUMP OF CHICKENの人気歌詞
天体観測

午前二時 フミキリに 望遠鏡を担いでった ...

カルマ

ガラス玉ひとつ 落とされた 追いかけても ...

ray

お別れしたのはもっと 前の事だったような ...

GO

歩くのが下手って気付いた ぶつかってばか ...

K

週末の大通りを 黒猫が歩く 御自慢の鍵 ...

友達の唄

あなたが大きくなるまでに 雨の日なんて何 ...

ラフ・メイカー

涙で濡れた部屋に ノックの音が転がった ...

アルエ

白いブラウス似合う女の子 なぜいつも哀し ...

車輪の唄

錆び付いた車輪 悲鳴を上げ 僕等の体を ...

花の名

簡単な事なのに どうして言えないんだろう ...

HAPPY

健康な体があればいい 大人になって願う事 ...

66号線

聞かなきゃいけない話が 全く頭に入らない ...

ハルジオン

虹を作ってた 手を伸ばしたら 消えてった ...

メーデー

君に嫌われた君の 沈黙が聴こえた 君の ...

sailing day

目を閉じたその中に 見えた 微かな眩しさ ...

宝石になった日

夕立が屋根を叩いた唄 窓の外で世界を洗っ ...

宇宙飛行士への手紙

踵が2つ 煉瓦の道 雨と晴れの隙間で歌っ ...

ロストマン

状況はどうだい 僕は僕に尋ねる 旅の始 ...

supernova

熱が出たりすると 気付くんだ 僕には体が ...

サザンクロス

その胸にしまった火に憧れた 飲み込まれて ...