涙のラブソング 歌詞

歌:北原ミレイ

作詞:かず翼

作曲:徳久広司

はしゃぎすぎたの私 どんな夢だって
いつか覚めること 知っていたくせに…
ほんのはずみの恋に 心奪われて
今日も面影を 捜す日暮れ街
あの日最後の夜だと 気づかずに
抱かれたぬくもり も一度も一度欲しい
あれから逢えずに 季節も変わり
今夜も歌うの 涙のラブソング

忘れられずに私 運命(さだめ)うらんだわ
だから恋なんて イヤとつぶやいて…
未練色したお酒 胸にしみてゆく
何がいけないの みんなあげたのに
ドアを開ければ煙草の 残り香が
私を連れてく 失くした失くした日々に…
にじんだ灯りに 思い出かさね
今夜も歌うの 涙のラブソング

一度はずした指輪を またはめて
あなたの女よ 今でも今でも私
窓打つ夜風に 振り向きながら
今夜も歌うの 涙のラブソング

北原ミレイについて

1970年「ざんげの値打ちもない」(作曲:村井邦彦)でデビュー。
北原ミレイの人気歌詞
石狩挽歌

海猫が鳴くから ニシンが来ると 赤い筒 ...

ざんげの値打ちもない

あれは二月の 寒い夜 やっと十四になっ ...

泣いてジェラシー

ないものねだりしても 叶う訳などないわ ...

棄てるものがあるうちはいい

泣きぐせの 酔いどれが ふらふら 行く ...

風の盆

祭り囃子が 聞こえてきたら 早飯支度の ...

ベネチアの雪

早いものね あれから二年 駅のベンチは ...

雨の思い出

最終ベルが鳴る ホームの片隅で 離れゆ ...

明日へのかけ橋

そして又 陽が昇る 都会の屋根の上を ...

愛は一期ー会

幸せ計る ものさしがありますか 時を戻 ...

思秋期

足音もなく 行き過ぎた 季節をひとり見 ...

北の居酒屋

おかみさん コップでいいの 地酒は冷や ...

漁歌

俺が網を引っとはよ 可愛い女房(おまい ...

すゝきのブルース

あなたを愛した あの夜から 私は淋しい ...

バイオレットムーン

誰を恨(うら)んでも 仕方ないじゃない ...

たそがれマイ・ラブ

今は夏 そばにあなたの匂い しあわせな ...

はじまりの黄昏

あと5分そばにいて あと1秒そばにいて ...

風鈴

風の音が 空に舞う 黄昏せまる この島 ...

涙の海峡

私昔から そうでした 北へ行こうと 決 ...

海岸物語

覚えてる 懐かしい潮風(かぜ)吹くあの街 ...

港のリリー

からっぽの胸の中 夕陽が染める あの人 ...