花びら慕情 歌詞

歌:藤あや子

作詞:三浦康照

作曲:水森英夫

花の命の 儚なさと
同じさだめか 私の恋も
燃えて散るなら あなたの胸で
女ごころの 花びらひとつ
そっとやさしく掌に
ひと夜でいいのよ 包んでほしい

白い椿の 花びらを
けむる湯もやが 淋しく濡らす
つのる想いに また逢いたさに
夢の名残りを 探しに来たの
ひとりたたずむ 湯の町の
あなたと別れた 思い出橋に

花に命が あるように
命かけたの ふたりの愛に
どうせ私は 涙の花で
散ってゆくのよ 悲しいけれど
こんな女の いたことを
わかってほしいの あなたにだけは
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...