恋文流し 歌詞

歌:西方裕之

作詞:星野哲郎

作曲:徳久広司

みどりの川の 紅い橋
渡れば揺れる 藤の花
忘れるはずが 忘られなくて
私はいまも 独りです
ひらひらひらと 散る花は
あなたに送る 恋文流し

見つめる人の 悩みまで
洗ってくれる 人でした
あなたの化身 紫花[むらさきばな]の
花びら拾い くちづけて
ひらひらひらと 天国へ
届けと送る 恋文流し

あなたを偲ぶ 山の端の
花残月の 懐かしさ
女の春を 粗末にするな
叱ってくれた あの声を
ひらひらひらと いまいちど
返して欲しい 恋文流し
西方裕之の人気歌詞
出世灘

今日の大漁を 母御(ははご)に贈る 海 ...

日本列島やり直し音頭

日本も私も色々あって 今年はさまざま ...

湯けむりの宿

送る背中が つらいから わたし始発で ...

有明の宿

こんな男にした おまえ こんな女にした ...

雨の酒場町

むらさきしぐれの 路地裏は 別れ未練に ...

港やど

これが最後と 我がまま言って ふたり来 ...

ふたりの夜汽車

石より痛い 噂の礫(つぶて) 逃(のが ...

北海酔虎伝

親にもらったヨ 名前もあるに 虎と呼ば ...

遠花火

下駄がからころ後追うように 浴衣の裾に ...

ふるさとのあいつ

流れる雲が はこんで来たよ 女房をもら ...

おやじの舟唄

「学がないから 手紙は好かん」 頑固な ...

宿かり

世の中いつでも お世話様 人間ひとりじ ...

夢追い川

川の瀬音か 降る雨か 山の湯宿は ここ ...

おんな川

情どれほど 通わせたって つらい別れを ...

波止場

お前が流す 別れの涙 男ごころに 芯か ...

ぼたん雪

その胸貸して くれますか 音もなく降る ...

細雪

泣いてあなたの 背中に投げた 憎みきれ ...

酒の坂

灯りこぼれる この坂を 誰が名づけた  ...

女の日本海

降りしく雪 雪 つつんでおくれ あなた ...

玄海そだち

俺は唐津の 荒磯(あらいそ)育ち 海が ...