明日坂 歌詞

歌:石原詢子

作詞:里村龍一

作曲:叶弦大

愛の荷車 ふたりで引いて
夢の架け橋 越えてゆく
今日は二人の 目出たい門出
飲んで一節 添えましょか
唄も祝いの 宝船

順風満帆 船出をしても
やがて嵐の 海に出る
辛い時こそ 三三九度の
固い契りを おもいだせ
夢も番(つがい)の 夫婦雛

知らぬ同士で 生れてきても
赤い縁しの 鶴と亀
照る日曇る日 人生山河
ふたり揃って 花になれ
風も寿(ことほ)ぐ 明日坂

石原詢子について

詩吟揖水流(いすいりゅう)家元である父のもと、4歳から詩吟を習い始め、12歳で師範代に。しかし歌手への夢をあきらめきれず、単身上京。1988年10月21日、「ホレました」でソニーレコードよりデビュー。2000年末、「みれん酒」で第51回『NHK紅白歌合戦』に初出場。
石原詢子の人気歌詞
あまやどり

やりたいことも あるだろに 他人(ひと ...

化粧なおし

カモメおまえも 淋しいか 波止場が寝床 ...

ひとり酔いたくて

「はぐれ鴎が 涙浮かべて 北へ飛ぶ」 ...

こころに春を

生きてゆこうよ 険(けわ)しい人生(みち ...

通り雨

女は 淋(さみ)しいね 女は せつない ...

涙に抱かれて

二度と恋など 出来ない程に 傷あと残し ...

さよなら酒

うわべばかりで 恋した頃じゃ 分らなか ...

ふたりづれ

逢いたさを 手酌の酒に 待てばせつない ...

夕霧海峡

あの人を 連れて連れて連れて行くなら ...

雨の居酒屋

お酒並べて あなたの分も 飲んではみて ...

みれん酒

お酒にすがる 悲しさを きっとあなたは ...

遥かな道

雨が降る日は 雨の中 風の吹く日は 風 ...

おんな雨

傘もささずに 追いかけた あの日も小雨 ...

なごり雨

雨のしずくは 切れるけど 払い切れない ...

この世で一番好きな人

お前は花なら 白ぼたん あなたに言われ ...

女の花舞台

涙拭くたび 艶(つや)が増す 女という ...

濃尾恋歌

伊吹(いぶき)おろしが 刺すよに吹けば ...

しあわせの花

ほれてほれられて ふたりになったから ...

桜貝のかほり

なぜ好きなのかわからない なんで燃えて ...

淡墨桜

下へ下へと 根を伸ばし 雨風 嵐に 耐 ...