木枯紋次郎 歌詞

歌:大川栄策

作詞:芥川隆行

作曲:古賀政男

縞の合羽が 越え行く峠
後姿が きにかかる
口の楊枝が 風に鳴りゃ
恋もうらみも かかわりないが
斬るぜ 木枯紋次郎

赤い血潮が とび散る宿場
情無用の 雨が降る
無縁仏に 咲く花が
泣いて見送る 三度笠ひとつ
あれは 木枯紋次郎

雲が飛ぶ飛ぶ あの空あたり
俺の墓場は 野の果てか
生まれ故郷は 上州か
誰がつたえる あいつの噂
さらば 木枯紋次郎

「上州新田郡三日月村に生れ
十才の時一家は離散したと伝えられるが
天涯孤独の紋次郎が何故無宿渡世の
世界に入ったかは定かでない」
大川栄策の人気歌詞
さざんかの宿

くもりガラスを 手で拭いて あなた明日 ...

目ン無い千鳥

目ン無い千鳥の高島田 見えぬ鏡にいたわ ...

絆川

あなたとこの世で 逢うために 生まれて ...

雪ノ花

人並みの しあわせは とうの昔に 捨て ...

女のグラス

お酒はあんまり 飲めないけれど あなた ...

夜霧の再会橋

ここでおまえと 別れたときは うしろ姿 ...

恋の祭火

ねぶた祭が 闇を斬る おんな蛍が 身を ...

はぐれ舟

今日も誰かが 泣いている 泣けば涙の  ...

刑事

人間ドラマの東京に 刑事と呼ばれて今日 ...

かえり花

季節はずれの たんぽぽと そっと指さす ...

灯火

なにを夢見て この腕まくら 濡らす涙の ...

みれん雨

悪い男でも 別れて見れば みれんこぼれ ...

未練なんだぜ

ひたひたと降る雨の 雨のごとくに 狂 ...

浪花ことぶき

所帯を持ったその年に 連れ合い亡くし  ...

舞酔い雪

忘れていたのに 諦めたのに 今頃なぜに ...

東京流転笠

まっぴら御免なすって 手前 生まれつい ...

わたしのソウル

アンニョン ハセヨ わたしのソウル ...

裏町酒場

雨にぬれてる 赤い灯が 俺にゃ似合いの ...

裏町しぐれ

世間の噂を 気にして生きて 幸せやれな ...

酔いぐれすずめ

暖簾を潜れば 頑固なオヤジがまたひとり ...