もどりゃんせ 歌詞

歌:中村美律子

作詞:もず唱平

作曲:聖川湧

駅裏の五丁目に
小さなお店を借りました
間口二軒の いっぱい呑み屋
あなたの名前を一字とり
「繁」と屋号をつけました
もどりゃんせ もどりゃんせ うちのひと

日盛りの掘割りに
番(つがい)のつばめが飛んでます
相も変わらぬ ドブ川なれど
今年もきれいな睡蓮が
季節忘れず 咲きました
もどりゃんせ もどりゃんせ うちのひと

お馴染みも この日頃
どうにか四、五人 つきました
やって行けそう 女手だけで
けれども足りないものがある
それは恋しい 人の顔
もどりゃんせ もどりゃんせ うちのひと

中村美律子について

1986年 「恋の肥後つばき」でデビュー。1989年 「河内おとこ節」が大ヒット。全国に名を知らしめる。代表作品 ・壺坂情話(1993)人生桜(1997)瞼の母(1991)などがある。
中村美律子の人気歌詞
河内おとこ節

河内生まれの 風来坊は 生きのいゝのが ...

瞼の母

軒下三寸 借りうけまして 申しあげます ...

河内十人斬り

「なんかしとんねん はよ去にさらさんかい ...

島田のブンブン

夜のとばりが パラリと降りりゃ 祭りご ...

壺坂情話

見えぬあなたの杖になり 越える苦労の人 ...

大阪情話 ~うちと一緒になれへんか~

人はこころや銭やない 泣いたらあかん ...

人生一度

泣くな嘆くな 浮世の風に 泣けば明日が ...

わすれ酒

未練心は 涙で流す 恋の傷あと お酒で ...

だんじり

風を喰(く)らって 傾くような 屋台骨 ...

下津井・お滝・まだかな橋

備前、瀬戸内、下津井港 北前船が港に入 ...

華になれ

燃えて散るのも 花ならば 冬を耐えてる ...

オーシャン音頭

琵琶湖の水は 宇治より育ち 木津川と桂 ...

男の盃

よしず囲いの 屋台の隅で なさけほじく ...

かたつむり

あんた背中の その荷物 重いでしょうね ...

人生鏡

人の暮らしを うらやむよりも あなたは ...

段平いのち

あれがあいつが 情なしの 芝居の虫だと ...

女の旅路

冬が来るのに 津軽を越えて 函館港 ...

京都二寧坂

春も待たずに ほころぶ花に そそぐ陽だ ...

人生恋街道

ひとりで生まれた この世でも ひとりじ ...

恋瀬川

雨の雫は 心の雫 あなたとわたしを 結 ...