恋路川 歌詞

歌:西方裕之

作詞:早川詩朗

作曲:板谷隆

バカな女と云われてもいい
すがりつきたいもう一度
いやよいやです次の世なんて
死んでいいのねこの恋抱いて
どこまで迷う 恋路川

逢えぬつらさに涙もかれて
ひとり女の頼りなさ
あなた以外に愛するなんて
とてもできないできない女
どこまで迷う 恋路川

一生一度のこの恋だから
思いきれない忘れない
あるき疲れた心の中に
いつかぼんやり夕陽も落ちて
どこまで迷う 恋路川
西方裕之の人気歌詞
出世灘

今日の大漁を 母御(ははご)に贈る 海 ...

日本列島やり直し音頭

日本も私も色々あって 今年はさまざま ...

玄海そだち

俺は唐津の 荒磯(あらいそ)育ち 海が ...

湯けむりの宿

送る背中が つらいから わたし始発で ...

波止場

お前が流す 別れの涙 男ごころに 芯か ...

酒の坂

灯りこぼれる この坂を 誰が名づけた  ...

北海酔虎伝

親にもらったヨ 名前もあるに 虎と呼ば ...

雨の酒場町

むらさきしぐれの 路地裏は 別れ未練に ...

女ひといろ

あなたひとりを 命ときめて かけて尽く ...

有明の宿

こんな男にした おまえ こんな女にした ...

ふたりの夜汽車

石より痛い 噂の礫(つぶて) 逃(のが ...

薄羽かげろう

宿の浴衣の 藍染に 触れればたちまち ...

ふるさとのあいつ

流れる雲が はこんで来たよ 女房をもら ...

おやじの舟唄

「学がないから 手紙は好かん」 頑固な ...

大糸線

松本を過ぎると 空気が冷たい 二十四を ...

海峡列車

赤いランプの 桟橋おりて 北へ乗り継ぐ ...

おんな川

情どれほど 通わせたって つらい別れを ...

流れる

雲は流れる 流れる雲が 山に当たれば  ...

寒桜

逢えるだけでも うれしい人に 逢えば抱 ...