サマータイム 歌詞

歌:ラブハンドルズ

作詞:溝下創

作曲:溝下創

最後は笑ってさようならしようと思ってたけど
声にならない雑踏に紛れて
君は次の角を曲がっていく

見慣れたあの町の景色も今じゃ回想シーンになって
窓の外から僕を見つめてる
月の光になって消えないまま

一晩中夢を見て 寝苦しくて目が覚めたら
君はどこにもいない 朝はやってくる

出会いは偶然で別れは必然と思っていても
重いコートが少し暑くなる季節は また記憶が蘇る
このまま奥歯に挟まって
取れないもの気にして
声を嗄らして次に進むには
止めてた時計をサマータイムにしなくちゃ

※情けないほど奮闘して 気持ち抑えて
ごまかして
一晩中夢を見て 寝苦しくて目が覚めたら
君はどこにもいない 朝はやって来る

あの時と同じ匂いがした 風が吹いてくる

(2回くり返し)

朝はやってくる
ラブハンドルズの人気歌詞
月がきれい

毎日が無常に過ぎて 胸をこがすのは 忘 ...