永遠のBLOODS 歌詞

歌:KinKi Kids

作詞:浅田信一

作曲:堂島孝平

ひとり空を見上げた朝は 薄い月寂しく見える
灼けた壁が続く未来が明日を追い越そうとしてる

もうゆずれない夢に背を向けずに
抱えて行こうとそう思うんだ

追い風にふくらんだシャツのボタンをひとつ外して
地図を破り捨てて 自由を探しに行くよ

あの飛行機雲と零れ出した想いが
ガラス色の胸に浮かんでいるよ いざ此処に

雨の後の水たまりの上 消えては儚げに映る
君を僕を目に焼き付けた 想いが途切れないように

何故 いずれ僕らは無くすのだろう?
夢描く無垢な心

色づく季節の花が 抜ける河原の風が
独りになった僕の心を突いていくよ

あの頃の君の頬をつたう涙に
息づいてたものを刻んで行くよ この胸に

今 僕らの前に立ちはだかる
孤独さえ吹き飛ばせそうさ

追い風にふくらんだシャツのボタンをひとつ外して
地図を破り捨てて 自由を探しに行くよ

あの飛行機雲と零れ出した想いが
ガラス色の胸に今でも伝っているよ

やがて季節変わって もう一度この場所に立って
懐かしむ時には君に笑っていて欲しい

KinKi Kidsについて

1992年結成。 《メンバー》 ○堂本光一(どうもと こういち)  1979年1月1日生まれ  B型  兵庫県芦屋市出身 ○堂本剛(どうもと つよし)  1979年4月10日生まれ  AB型  奈良県奈良市出身
永遠のBLOODS のCD・楽譜
全音 歌謡曲大全集 2004年度版 (プロフェショナル・ユース)
【収録曲】・世界に一つだけの花月のしずくHEROハッピーライフ明日への扉Always足跡雑走僕は君を連れてゆく白い花My faithMake my dayUNSPEAKABLECARPE DIEM~今、この瞬間を生きる~SHALL WE LOVE?もらい泣き北の雪虫島人ぬ宝ding-dong茎-STEM-~大名遊ビ編~いつか君がさくら(独唱)愛してるね~え?銀河と迷路夢うぐいす白雲の城浮雲ふたり明日の幸せ鳥取砂丘ふたり傘おんなの一生~汗の花~じょんから女節Grip!Je t'aime★Je t'aime・Je t'aime★Je t'aime・蝶々結び大家Kiss空に唄えばBELIEVE明日を夢見て永遠のBLOODSAS FOR ONE DAYより添い花うたかたお前やないとあかんねんしあわせになろうよ未完成アイ・ラブ・ユーGET HAPPY涙の海で抱かれたい ~SEA OF LOVE~・涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~・Shine We Are!元気を出して佐賀県アシタヘカエル・虹・小さきもの野性のENERGY僕らだけの歌シャボン玉アンドロメダ心に夢を君には愛をDarling感傷いつか風になる日Starry Heavens夏の終わり心ひとつふたつ星THE LAST NIGHTそれがすべてさ君に捧げるlove songAnother Worldメリッサえりあしいい日旅立ち・西へDouble雪の華YUME日和冬のひまわりAMBITIOUS JAPAN!歩行者優先北の秋桜気まぐれ道中ラブリィ面影の女逢えて…横浜

KinKi Kidsの人気歌詞
愛のかたまり

心配性すぎなあなたは 電車に乗せるのを ...

硝子の少年

雨が踊るバス・ストップ 君は誰かに抱か ...

Anniversary

星の数ほどいる 人のなかでボクは 偶然 ...

雪白の月

君がいなくなったあのとき あらためて気 ...

全部だきしめて

きみのすべてを ぼくの自由にしたくて ...

愛されるより愛したい

“どうだっていいじゃんそんなこと なん ...

ボクの背中には羽根がある

照れてるとき髪かきあげる ボクの癖をか ...

雨のMelody

好きだよ 壊したいくらい 夢中できみを ...

Topaz Love

夜空 弾く 華の灯が 弧を描いてそっと ...

Harmony of December

乾いた北風が ひゅるり落ち葉を集めてる ...

青の時代

砂に書いた あの文字は 僕への励ましの言 ...

フラワー

僕らは愛の花咲かそうよ 苦しいことばっか ...

光の気配

この坂道の向こうに 朝焼けが待っているっ ...

Love is...

ここにある僕の気持ちを ずっと大切にし ...

I

伝えたいことほど 言葉にならなくて わ ...

スワンソング

青空に目を伏せて ぼくは船に乗り込む ...

Kissからはじまるミステリー

君の向こうに海が青く透き通るよ 不思議 ...

ね、がんばるよ。

いつかお互いがいる世界が かけがえないも ...

手を振ってさよなら

あなたが見た夢の続きを 僕がかなえられれ ...

to Heart

この想いを 君に伝えたい ありふれた言 ...