桜道3 歌詞

歌:ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

桜道を君と駆け足で登った
振り返った町がほんの少し変わってた
子供の頃転んでひざを擦りむいた
ふいにそんな事想い出した春のある日

ゆずについて

北川 悠仁 (きたがわ ゆうじん) 1977年1月14日 神奈川県 A 型 岩沢 厚治 (いわさわ こうじ) 1976年10月14日 神奈川県 O 型 1998年6月、シングル「夏色」でメジャーデビュー。デビュー前には毎週、横浜伊勢佐木町の路上でライブを行っていた彼らだが、デビュー後も路上ライブツアーを行い、その人気は全国的なものになる。2000年5月にはシングル「嗚呼、青春の日々」、7月にはアルバム「ゆずマンの夏」、10月にはシングル「飛べない鳥」をリリースし、ともにオリコンチャート1位を獲得。
桜道3 のCD・楽譜
ギター弾き語り&ハーモニカ ゆず全曲集 (ギター弾き語り&ハーモニカ)
【収録曲】・地下街ところでなにもないいこう少年夏色雨と泪月曜日の週末ねこじゃらし贈る詩境界線始まりの場所サヨナラバスセンチメンタル方程式2いつかオーバー傍観者灰皿の上からからっぽ未練歌終わらない映画悲しみの傘友達の唄向日葵が咲ク時風とともにチョコレートTHEME~ひと夏のゆずマン~かまぼこ真夏の太陽幸せの扉日だまりにて仮面ライター飛べない鳥ガソリンスタンド何処ねぇ嗚呼、青春の日々気になる木シャララン新しい朝心のままに午前九時の独り言大バカ者帰り道ルルル朝もやけ踏切過食な健康食待ちぼうけくず星ジャニスおやすみ人生芸無ぼんやり光の城ダーリン夕暮れどき手暗がりの下恋の歌謡日かえるのご帰宅昨日の俺は俺にあらずぼくの漫画の主人公みぞれ雪ダスキングカナブンアゲイン2ぼやき電車直径5mmほんの一時間前始めの一歩季節はずれ3カウント無力ユーモラス月影水平線桜道3スミレ3番線ふくろ駅(恵比寿~上大岡)運転技術の向上君は東京旅立ちのナンバーフラリ呼吸桜道2言えずのアイ・ライク・ユー・言えずのアイ・ライク・ユー・カーテンのせいブザービーターまたあえる日まで
ギター弾き語り&ハーモニカ ゆず全曲集 アルバム「1~ONE~」まで ギター&ハーモニカのタブ譜付き!! (ギター弾き語り&ハーモニカ)
【収録曲】・地下街ところでなにもないいこう少年夏色雨と泪月曜日の週末ねこじゃらし贈る詩境界線始まりの場所サヨナラバスセンチメンタル方程式2いつかオーバー傍観者灰皿の上からからっぽ未練歌終わらない映画悲しみの傘友達の唄向日葵が咲ク時風とともにチョコレートTHEME~ひと夏のゆずマン~かまぼこ真夏の太陽幸せの扉日だまりにて仮面ライター飛べない鳥ガソリンスタンド何処ねぇ嗚呼、青春の日々気になる木シャララン新しい朝心のままに午前九時の独り言大バカ者帰り道ルルル朝もやけ踏切過食な健康食待ちぼうけくず星ジャニスおやすみ人生芸無ぼんやり光の城ダーリン夕暮れどき手暗がりの下恋の歌謡日かえるのご帰宅昨日の俺は俺にあらずぼくの漫画の主人公みぞれ雪ダスキングカナブンアゲイン2ぼやき電車直径5mmほんの一時間前始めの一歩季節はずれ3カウント無力ユーモラス月影水平線桜道3スミレ3番線ふくろ駅(恵比寿~上大岡)運転技術の向上君は東京旅立ちのナンバーフラリ呼吸桜道2言えずのアイ・ライク・ユー・言えずのアイ・ライク・ユー・カーテンのせいブザービーターまたあえる日までスマイルスマイル音頭日曜日の午後わだち1シュミのハバ桜木町白鳥ウソっぱち積み木ゲーム命果てるまで歩行者優先夏祭り蛍光灯の先夢の地図栄光の架橋グッドモーニング

ゆずの人気歌詞
友 ~旅立ちの時~

友 今君が見上げる空は どんな色に見えて ...

栄光の架橋

誰にも見せない泪があった 人知れず流した ...

夏色

駐車場のネコはアクビをしながら 今日も ...

いつか

少しずつ街の 風も冷たくなってきたから ...

君の足に絡みつくのは何 劣等感? それ ...

イロトリドリ

なんて顔してしょげてんだ I Wanna ...

雨のち晴レルヤ

突然 偶然 それとも必然 始まりは気付 ...

いちご

甘いいちご 頬ばるように僕を愛して ...

逢いたい

もしも願いが叶うのなら どんな願いを ...

with you

こうして僕らが 出会えたキセキを 今こ ...

REASON

いるよ 傍に 一番近く 今は ただそれ ...

スマイル

泪(なみだ)をふいて 空を見上げて 君 ...

からっぽ

何気ない様な顔して いつもと同じ様に笑っ ...

桜木町

海沿いの道を 手をつないで歩いた あの ...

ヒカレ

どこかへ置き忘れた夢 遠い物語 「叶わ ...

またあえる日まで

青い空 白い雲 勇気をもって踏み出そう ...

表裏一体

Woo-woo- 朝をむさぼり 夜 ...

桜会(さくらえ)

目を閉じれば今日も 僕にある幸せ あな ...

タッタ

完全無欠のヒーロー そんな奴いなくたって ...

贈る詩

時計の針が二十四時を回り わずかな荷物を ...