相生春秋 歌詞

歌:長保有紀

作詞:小田めぐみ

作曲:宮下健治

旅はみちづれ 夜更けの雨が
苦労承知の 身を濡らす
なにがなくとも ああつらくとも
寄り添う命が あるかぎり
泣くな蛇の目の 傘ひとつ

義理につまづき 情けに転ぶ
行けば世間に つきあたる
それが憂き世の ああさだめでも
あなたの値打ちは ここにいる
惚れたおんなの 目でわかる

こんな私を みつけてくれた
こんな大事な ひとだから
ぼやき上戸の ああふたりにも
心は連れ合う 相生に
けだし夫婦の 花が咲く
長保有紀の人気歌詞
ひとり宿

ひと汽車遅れて 行くという あなたの嘘 ...

つよがり

心だけ下さい 不憫な女です 人目忍んで ...

北風酒場

北風シュルシュル こんな夜は 誰かのや ...

大阪無情

やさしい嘘で 抱かれた夜の 思い出酒場 ...

大阪なさけ

ここで生まれて 育ったからか 浪花こと ...

うきよ川

生きるつらさも 嬉しさも 乗せて流れる ...

夢おぼろ

枕のあかりに身をさらし くれない色に染 ...

俄か雨

軒のしずくを 手でうけて あなたの寝顔 ...

おんなの浪花節

三月(みつき)もったら お慰み おため ...

外国船

湊が見える酒場の隅に 別れの手紙 置い ...

うわさ雨

夜雨小雨の 降る街で 私を泣かす うわ ...

夢ひとつ

あなた待つ夜は 三十路が十九 恋は耳ま ...

夜の東京

嘘で濁った シャンデリア 赤いドレスの ...

露の花

私も好きよ あなたも好きと 言って言わ ...

嘘の花

あんなに愛した 人なのに 今では他人の ...

酒唄

思い断ち切る 酒なのに 飲めば心が 燃 ...

女酒

寂しさに これ以上 耐えきれず 呑む酒 ...

城ヶ島雨情

好きで別れた 人ゆえに いまも消せない ...

惚の字傘

しょせん憂き世はからくり芝居 根無し金 ...

そばがいい

あなたといつも 暮せるならば 何もいら ...