霧の波止場町 歌詞

歌:石原裕次郎

作詞:水木れいじ

作曲:浜圭介

ためいきついても しかたないじゃないか
愛しても 愛しても ひとつになれない
こもれ灯 ほのかな とまり木で
名残りの グラスを かさねようー
つらいつらい宿命に心は燃えて
しのび逢う…しのび逢う… 霧の波止場町

指輪もやれない こんな俺のために
いつの日も いつの日も尽してくれたね
か細い うなじの おくれ毛が
おまえの まごころ 偲ばせるー
暗い暗い小窓で汽笛の音も
すすり泣く…すすり泣く… 霧の波止場町

約束したって しかたないじゃないか
別れたら 別れたら 二度とは逢えない
みれん酒など あびるなよ
淋しい瞳をして 暮らすなよー
つきぬ つきぬ想いに 背中を向けて
捨ててゆく…捨ててゆく…霧の波止場町

石原裕次郎について

日本を代表する映画スター。1956年、実兄の石原慎太郎が書いた小説「太陽の季節」の主役として映画デビュー。 日活のトップスターとなる。 歌手としても、「銀座の恋の物語」「ブランデー・グラス」などヒット曲多数。 TVドラマ「太陽にほえろ」、「西部警察」などヒット作多数。 1987年死去。
石原裕次郎の人気歌詞
北の旅人

たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点 ...

ブランデーグラス

これでおよしよ そんなに強くないのに ...

嘆きのメロディー

淋しい背中を たとえ丸めても ひきずる ...

恋の街札幌

時計台の下で逢って 私の恋ははじまりま ...

赤いハンカチ

アカシヤの 花の下で あの娘が窃っと ...

嵐を呼ぶ男

俺らはドラマ- やくざなドラマ- 俺 ...

錆びたナイフ

砂山の砂を 指で掘ってたら まっかに錆 ...

わが人生に悔いなし

鏡に映る わが顔に グラスをあげて 乾 ...

二人の世界

君の横顔 素敵だぜ すねたその瞳が 好 ...

銀座の恋の物語

心の底まで しびれるような 吐息が切な ...

夜霧よ今夜もありがとう

しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知って ...

こぼれ花

紅い 野薔薇が ただひとつ 荒野の隅に ...

勇者たち

雨が上がれば 虹が立つ 嵐すぎれば 鳥 ...

おれの小樽

夕陽とかした 海に染められて 子ども二 ...

夜霧の慕情

愛しても 愛しても 愛しきれない 君だ ...

不思議な夢

昨夜不思議な 夢を見た 夢見て泣いて ...

逢えるじゃないかまたあした

夜風が二人を のぞいて行った 道の枯葉 ...

小樽のひとよ

逢いたい気持が ままならぬ 北国の街は ...

風速四十米

(セリフ)何だいありゃ (セリフ)何、 ...

粋な別れ

命に終わりがある 恋にも終わりがくる ...