流氷恋唄 歌詞

歌:藤あや子

作詞:小野彩

作曲:小野彩

最果ての色褪せた空も凍る街
ここは網走 最後の波止場
あなた二度と 追いかけないで
これが運命と 諦めて
沖のはぐれ鳥 北へ北へ北へ行く
流氷恋唄

恋しさに泣き濡れた遠い北の街
風も散切れる 能取岬
あなたもっと 私を抱いて
熱い唇 重ねても
明日は流れ鳥 何処へ何処へ何処へ行く
流氷恋唄

あなた二度と戻れはしない
なさけ断ち切る 紋別港
春を告げる鳥 飛んで飛んで飛んで来い
流氷恋唄
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...