おしどり春秋 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:たきのえいじ

作曲:八木架壽人

煤の付きようで 年季が判る
路地の酒場も 人の世も
俄づくりじゃ 身につかないわ
しあわせ 寄り道 まわり道
苦労積荷を 肩先に
ふたり寄り添う おしどり春秋

涙もろさは あなたも同じ
我慢強さも また同じ
せめて注がせて この私にも
お酒をはさんで 水入らず
持ちつ持たれつ いつまでも
ついて行きます おしどり春秋

命ふたつを ひとつに束ね
三十路四十路を 越えてきた
耐えて始めて 花実を結ぶ
明日が見えます この先に
一期一会の この縁
ふたり夢追う おしどり春秋
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...