浮夜舟 歌詞

歌:千葉一夫

作詞:木下龍太郎

作曲:花笠薫

人目忍んだ はずなのに
なんで邪魔する 月明かり
帯をこの手が 解くまで
うしろを向いてて くださいね
何度 逢う瀬を 重ねても
女 恥じらう 浮夜舟

声を潜めて いるものを
岸で鳴くのは 川千鳥
堪え切れずに 乱れたら
私を叱って くれますか
そっと身を寄せ 強い手に
胸を預ける 浮夜船

帰り支度を 急がせて
西に傾く 月の影
紐で身体を 結び合い
流れて行けたら いいですね
叶う当てない この恋が
無理を言わせる 浮夜船

千葉一夫について

昭和55年『君に逢いたい』でレコードデビュー。
浮夜舟 のCD・楽譜
全音 歌謡曲全集(51)
【収録曲】・I will be with you愛さない哀愁桟橋哀愁平野愛のうた青空アゲイン2A Song Is Born艶姿女花吹雪あなたと生きるあなたへあんたの花道亜麻色の髪の乙女雨の連絡船漁火の宿一路出世船一生一度いぶし銀Way of Differenceヴォイス浮夜舟梅いちりん越前風舞いAny風になる演歌兄弟演歌はいいねおさかな天国おしどり春秋お宝女房男侠男春秋男の航路男節おまえと生きるおやすみなさいおれの人生始発駅おんな坂おんなの浪花節女の花が咲く海峡雨情かくれんぼ傘ん中河内一代男きずな酒奇蹟北の一番船北のつがい鳥北の雪虫君が好き君ヲ想フ君をさがしてた~THE WEDDING SONG~きよしのズンドコ節こぼれ花転がる石Confession最愛のひと酒挽歌ささやかな祈り里がえりサヨナラ桟橋さわって、変わって白い恋人達人生列車雪泣夜絶望グッドバイセピア色の雨誓い東京東京美人都会の子守歌なかせ船夏の日の少年涙そうそう人情つれづれ眠れぬ夜は君のせいノスタルジアはぐれコキリコ果てなく続くストーリー星空のタンゴ晩秋の駅ひまわり氷雪の海Forever to me~終わりなき悲しみ~深い川深川情話普通の日々freebirdふりむけば秋ふるさとで暮らそうよ望郷みさき星空の秋子水色の街都忘れ都忘れの花のように昔の彼に逢うのなら無色ムーンライトめおと恋めぐり逢い巡る愛雪の最上川youthful days夢ノカケラ…夢千里夢の浮橋宵待しぐれ夜霧夜桜挽花義経伝説Like a star in the nightワダツミの木流氷恋唄流転川わすれ傘
千葉一夫全曲集2019
【収録曲】・倖せ花吉野川花影の女 ~ニューバージョン~雪月夜みちのく風酒場浮夜舟おまえとふたりづれ国東は俺のふるさと木の字鴉みれん舟夢に咲く花・君に逢いたい・片恋しぐれ・風の華・港のエレジー・ブルーレイン長崎

千葉一夫の人気歌詞
この世にひとつ 愛の花

雨にうたれて 世間にすねて やけをおこ ...

かすみ草

ひとりで旅立つ 別れのつらさ わかって ...

紫陽花しぐれ

藍染めの 浴衣に咲いた 花柄が とても ...

霧雨川

哀しい噂を 逃(のが)れてふたり 流れ ...

明日に一歩また一歩

おまえを愛した 想い出に かわれるもの ...

秋保の宿

障子閉めても 私の耳に 瀬音哀しい 名 ...

花影の女

桜色した 雨降る夜は 想い出させる 涙 ...

男笠

親も無ければ 塒も持たぬ 廿才、三つ四 ...

出逢い酒

飲んで忘れる 昔もあれば 飲んで触れ合 ...

縁酒

おれの苗字を 名乗ってくれと 酒のちか ...

夢に咲く花

あなたの生命は 宿せても この手に抱け ...

吉野川

ふたり一緒に 暮らすのは それはかなわ ...

木の字鴉

生まれ木更津 浜風夜風(はまかぜよかぜ) ...

雪月夜

同じ痛みを 道づれに ふたり出直す 北 ...

ふるさとは城下町

あてもないまま 故郷(ふるさと)へ 想 ...

みちのく風酒場

山背(やませ)がはしる 海鳴りほえる ...

夜の川

深山(みやま)焦(こ)がした 紅葉さえ ...

こころ坂

ここまで来るには いろいろあった 笑顔 ...

おまえの噂

おまえの手紙の 消印(けしいん)を 頼 ...

相合傘

冷たい雨に濡れながら 垣根に咲いてる ...