酒挽歌 歌詞

歌:小林旭

作詞:たきのえいじ

作曲:浜圭介

酒場は男の 途中駅
おもいで背おって 降りる駅
誰も昔が 恋しいくせに
声を殺して かくれんぼ
酒に 酒に おまえが映る
何故に 何故に 捨てたと せめたてる

古びたシネマか この路地も
おもえば昭和が 遠くなる
ひとりしみじみ 酔いしれながら
酒を心に 流しこむ
女 女 おまえは女
俺は 俺は 酒場で 夢をみる

すだれをくぐって 夏が往き
とまり木伝いに 秋がくる
問わず語りに つぎ足す酒が
過ぎた暦を まためくる
抱いて 抱いて おまえを抱いて
添い寝 添い寝した日が 身を焦がす

小林旭について

 俳優。石原裕次郎、赤木圭一郎とともに日活を支えたアクションスターで、通称“マイトガイ”。  ヒット曲に、『昔の名前で出ています』、『熱き心に』がある。
酒挽歌 のCD・楽譜
全音 歌謡曲全集(51)
【収録曲】・I will be with you愛さない哀愁桟橋哀愁平野愛のうた青空アゲイン2A Song Is Born艶姿女花吹雪あなたと生きるあなたへあんたの花道亜麻色の髪の乙女雨の連絡船漁火の宿一路出世船一生一度いぶし銀Way of Differenceヴォイス浮夜舟梅いちりん越前風舞いAny風になる演歌兄弟演歌はいいねおさかな天国おしどり春秋お宝女房男侠男春秋男の航路男節おまえと生きるおやすみなさいおれの人生始発駅おんな坂おんなの浪花節女の花が咲く海峡雨情かくれんぼ傘ん中河内一代男きずな酒奇蹟北の一番船北のつがい鳥北の雪虫君が好き君ヲ想フ君をさがしてた~THE WEDDING SONG~きよしのズンドコ節こぼれ花転がる石Confession最愛のひと酒挽歌ささやかな祈り里がえりサヨナラ桟橋さわって、変わって白い恋人達人生列車雪泣夜絶望グッドバイセピア色の雨誓い東京東京美人都会の子守歌なかせ船夏の日の少年涙そうそう人情つれづれ眠れぬ夜は君のせいノスタルジアはぐれコキリコ果てなく続くストーリー星空のタンゴ晩秋の駅ひまわり氷雪の海Forever to me~終わりなき悲しみ~深い川深川情話普通の日々freebirdふりむけば秋ふるさとで暮らそうよ望郷みさき星空の秋子水色の街都忘れ都忘れの花のように昔の彼に逢うのなら無色ムーンライトめおと恋めぐり逢い巡る愛雪の最上川youthful days夢ノカケラ…夢千里夢の浮橋宵待しぐれ夜霧夜桜挽花義経伝説Like a star in the nightワダツミの木流氷恋唄流転川わすれ傘

小林旭の人気歌詞
自動車ショー歌

あの娘をペットにしたくって ニッサンす ...

北帰行

窓は 夜露に濡れて 都 すでに遠のく ...

熱き心に

北国の旅の空 流れる雲 はるか 時に人 ...

昔の名前で出ています

京都にいるときゃ 忍と呼ばれたの 神 ...

恋の山手線

上野オフィスのかわいい娘 声は鴬 谷わ ...

北へ

名もない港に 桃の花は咲けど 旅の町に ...

赤いトラクター

風に逆らう 俺の気持を 知っているのか ...

夢ん中

指のつめたさ うなじの細さ 肩のはかな ...

惜別の唄

遠き別れに たえかねて この高殿に 登 ...

惚れた女が死んだ夜は

なぐさめなんか ほしくない 黙って酒だ ...

ダイナマイトが百五十屯

烏の野郎 どいていな とんびの間抜けめ ...

時(とき)の旅人

華やかに 色あせず 泣いたり はしゃい ...

ギターを持った渡り鳥

赤い夕陽よ 燃えおちて 海を流れて ど ...

ついて来るかい

ついて来るかい 何も聞かないで ついて ...

ごめんね

ごめんね ごめんね 幸福あげずに ご ...

さすらい

夜がまた来る 思い出つれて おれを泣か ...

遠き昭和の…

あの人 この人 あの顔 この顔 みんな ...

十字路

あきらめて あきらめて もう泣かないで ...

アキラのさらばシベリア鉄道

哀しみの裏側に何があるの? 涙さえも氷 ...

もう一度一から出なおします

雨の長崎を あとにしたときは 夜の尾道 ...