晩秋の駅 歌詞

歌:都はるみ

作詞:坂口照幸

作曲:市川昭介

「俺が選んだ 女(ひと)だよ母さん」
遠い汽笛が 胸を刺す
いのち削った わたしの宝
すべてあなたに 托します
この息子(こ)のことを よろしくと
握る手と手に
涙ポツポツ 晩秋の駅

男親など 力にゃなれぬ
嫁に出したら なおのこと
花のくらしに つまずいて
ごめんなさいと 泣きじゃくる
よくよくだろう 帰るとは
肩を抱くだけ
父と娘の 晩秋の駅

親を子供は 追い越してゆく
身体ばかりか 夢までも
夫婦最後は ふたりきり
あなた おまえと 寄り添って
錦繍の山 ふり仰ぐ
逢うも別れも
みんなこの駅 晩秋の駅
都はるみの人気歌詞
アンコ椿は恋の花

三日おくれの 便りをのせて 船が行く行 ...

夫婦坂

この坂を 越えたなら しあわせが 待っ ...

北の宿から

あなた変わりはないですか 日ごと寒さが ...

大阪しぐれ

ひとりで 生きてくなんて できないと ...

浮草ぐらし

明日のことさえ わかりはしない 他にい ...

雨やどり

傘は あなたが さしかけて 私がさせば ...

古都逍遥

春爛漫の 嵐山 落花の雪に 踏み迷う ...

小樽運河

精進おとしの 酒をのみ 別の生き方 あ ...

涙の連絡船

いつも群れ飛ぶ かもめさえ とうに忘れ ...

東京セレナーデ

夜霧が流れる 狸穴あたり 咲く夢 散る ...

桜時雨

負けないで 生きてゆこうねと おみくじ ...

アラ見てたのね

さあさ皆さま 恋した時は 身ぶりそぶり ...

夕陽坂

歩いて歩いて ここまで来たわ 「あなた ...