ホタルと流れ星 歌詞

歌:松任谷由実

作詞:松任谷由実

作曲:松任谷由実

これが最後のデートね Honey
傘をさしかけつぶやくけど
街の音にかき消される

どこへ行こうかこれから Honey
優しい日々が無口にする
こんなふうになるなんて

※ちっとも変わっていない
ちっとも憎んでいない
もうすぐここにはいない
短く燃えた 雨のファイヤーフライ※

これが最後のデートね Honey
続けることもできたけれど
プライドとは思わないで

大事なことをたくさん Honey
教えられたわ言葉じゃなく
あなたの声 忘れても

同じ光を見てた
あのとき確かに見てた
願いを伝えずに消えた
瞼の奥に 朝のシューティングスター

(※くり返し)

松任谷由実について

旧姓は荒井 由実(あらい ゆみ)。 1972年4月に多摩美術大学に入学。初めは作曲家志望だったが、アルファレコードを設立した村井邦彦の勧めで、同年7月5日にかまやつひろしがプロデュースしたシングル『返事はいらない/空と海の輝きに向けて』で荒井由実としてデビュー。同シングルの売上はわずか300枚で終わり、後に幻のデビューシングルと呼ばれるようになる。 1975年12月にアレンジャーの松任谷正隆と婚約。
ホタルと流れ星 のCD・楽譜
やさしく弾けるピアノソロ 松任谷由実 BEST115 (やさしく弾けるピアノ・ソロ)
【収録曲】・ひこうき雲きっと言える雨の街をベルベット・イースター海を見ていた午後魔法の鏡12月の雨瞳を閉じてやさしさに包まれたなら航海日誌少しだけ片想い翳りゆく部屋中央フリーウェイ14番目の月潮風にちぎれて埠頭を渡る風ロッヂで待つクリスマスDESTINY丘の上の光気ままな朝帰りよそゆき顔でためらいまぶしい草野球恋人がサンタ・クロース・恋人がサンタクロース・スラバヤ通りの妹へ守ってあげたいA HAPPY NEW YEAR忘れないでね経る時不思議な体験ノーサイドDOWN TOWN BOYBLIZZARDもう愛は始まらないシンデレラ・エクスプレス青春のリグレット土曜日は大キライパジャマにレインコートHoliday in Acapulco霧雨で見えないSWEET DREAMSダイアモンドダストが消えぬまにリフレインが叫んでる幸せはあなたへの復讐LOVE WARS届かないセレナーデホームワーク天国のドア満月のフォーチュンホタルと流れ星残暑DAWN PURPLEタイムリミットミラクル無限の中の一度Carry On冬の終り11月のエイプリルフール真夏の夜の夢二人のパイレーツHello, my friendKATHMANDU輪舞曲Walk on,Walk on byMidnight Scarecrow最後の嘘告白Cowgirl BluesSunny day Holidayきみなき世界JosephineLost HighwaySo long long ago幸せになるためにPARTNERSHIP
やさしく弾けるピアノソロ 松任谷由実ベスト120 (ピアノ・ソロ)
【収録曲】・ひこうき雲きっと言える雨の街をベルベット・イースター海を見ていた午後魔法の鏡12月の雨瞳を閉じてやさしさに包まれたなら航海日誌少しだけ片想い翳りゆく部屋中央フリーウェイ14番目の月潮風にちぎれて埠頭を渡る風ロッヂで待つクリスマスDESTINY丘の上の光気ままな朝帰りよそゆき顔でためらいまぶしい草野球恋人がサンタ・クロース・恋人がサンタクロース・スラバヤ通りの妹へ守ってあげたいA HAPPY NEW YEAR忘れないでね経る時不思議な体験ノーサイドDOWN TOWN BOYBLIZZARDもう愛は始まらないシンデレラ・エクスプレス青春のリグレット土曜日は大キライパジャマにレインコートHoliday in Acapulco霧雨で見えないSWEET DREAMSダイアモンドダストが消えぬまにリフレインが叫んでる幸せはあなたへの復讐LOVE WARS届かないセレナーデホームワーク天国のドア満月のフォーチュンホタルと流れ星残暑DAWN PURPLEタイムリミットミラクル無限の中の一度Carry On冬の終り11月のエイプリルフール真夏の夜の夢二人のパイレーツHello, my friendKATHMANDUWalk on,Walk on byMidnight Scarecrow最後の嘘告白Cowgirl BluesSunny day Holidayきみなき世界JosephineLost HighwaySo long long ago幸せになるために7TRUTHS 7LIES~ヴァージンロードの彼方でWings of Winterただわけもなく雪月花

松任谷由実の人気歌詞
ルージュの伝言

あのひとの ママに会うために 今ひとり ...

春よ、来い

淡き光立つ 俄雨 いとし面影の沈丁花 ...

やさしさに包まれたなら

小さい頃は神さまがいて 不思議に夢をか ...

守ってあげたい

You don't have to wo ...

ひこうき雲

白い坂道が 空まで続いていた ゆらゆら ...

卒業写真

悲しいことがあると 開く皮の表紙 卒業 ...

Hello, my friend

Hello my friend 君に恋し ...

DESTINY

ホコリだらけの車に指で書いた True ...

リフレインが叫んでる

※どうしてどうして僕たちは 出逢ってし ...

雨の街を

夜明けの雨はミルク色 静かな街に ささ ...

翳りゆく部屋

窓辺に置いた椅子にもたれ あなたは夕陽 ...

最後の嘘

朝陽が差し込むアパートに 暮らしだした ...

セシルの週末

窓たたく風のそらみみでしょうか あなた ...

真珠のピアス

Broken heart 最後の夜明け ...

海を見ていた午後

あなたを思い出す この店に来るたび 坂 ...

青春のリグレット

笑ってはなせるね そのうちにって握手し ...

最後の春休み

春休みのロッカー室に 忘れたものをとり ...

ANNIVERSARY ~無限にCALLING YOU~

なぜこんなこと気づかないでいたの 探し ...

真夏の夜の夢

骨まで溶けるような テキーラみたいなキス ...

あの日にかえりたい

泣きながらちぎった写真を 手のひらにつ ...