遠野物語 歌詞

歌:長山洋子

待ちます 耐えます 信じます
あなた偲んで 見上げれば
早池峰の山は もう根雪
遠野の冬は 寒いけど
愛をつらぬく
女の胸は 胸はあたたかい

泣きます 責めます 恨みます
いつか添い寝に 馴らされた
女にはつらい ひとり寝は
いろいろ話 あるけれど
どこの誰にも
私はこころ こころ許さない

呼びます 生きます 祈ります
姑の小言が つらい夜は
涙を洗う 仕舞い風呂
あなたの胸が 恋しくて
燃えるこの肌
遠野の雪に 雪に埋めたい
長山洋子の人気歌詞
捨てられて

でもね あの人 悪くないのよ 噂信じた ...

瞳の中のファーラウェイ

もしも 言葉のない時代なら もっとうま ...

嵐峡

身丈に合った 人ではないと わかってい ...

紅い雪

生きるも果てるも あなたと決めたの い ...

たてがみ

駒の名前も その数も 何も知らない 私 ...

ユア・マイ・ラヴ

蒼い Angel 降りた 街は Par ...

芭蕉布

海の青さに 空の色 南の風に 緑葉の ...

蒼月

惚れた男の みる夢を 一緒に見るのが ...

生命を燃やす 季節は短い まして女の ...

ハートに火をつけて

渚のカーブ走る 横顔が少し遠い 黙って ...

素顔のままで

渚を飛び立つ カモメの様に 息づく気持 ...