えんか坂 歌詞

歌:岩本公水

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

苦労積み荷の 荷車を
引いてこの世の 登り下り
決めた道なら 男なら
夢をヨイショと 持ちあげて
涙こらえろ がまんだぜ
なんだ坂 こんな坂 人生(えんか)坂

一と一とが ささえあい
人という字が 立ち上がる
相身互いさ 人の世は
花が咲くとき 散るときも
一緒に行こうぜ なぁおまえ
なんだ坂 こんな坂 人生(えんか)坂

汗をながして 生きていりゃ
いつか陽が射す 人の道
つらいときには 肩寄せて
せめて飲もうぜ 癒し酒
愚痴はいうなよ 明日がある
なんだ坂 こんな坂 人生(えんか)坂

岩本公水について

1995年5月シングル「雪花火」でデビュー。1997年「涙唱」がヒット。同年 第48回NHK紅白歌合戦に初出場を果たす。
岩本公水の人気歌詞
しぐれ舟

思い切る瀬を 夜雨がたたく そうよ今夜 ...

姫鏡台

しあわせでしたか お母さん さび朱色し ...

対馬情歌

島のあいだを 吹き抜ける 風が時化(し ...

片時雨

一人にさせてと 呑む酒は 砂を噛むよな ...

昭和えれじい

憂き世しぐれの 冷たさに 生きているさ ...

花篝

肩を並べりゃ 肩先が 指が触れれば 指 ...

絹の雨

「濡れるじゃないか もっとお寄りよ」 ...

能取岬

風の口笛が 鳴いて吹きすさぶ ひゅるひ ...

涙唱

ひとり海鳴り 聞いている 寄せてくるし ...

北の絶唱

これが最後 すべて懸けた 恋でした ぷ ...

倖せになりたいなァ

倖せになりたいなァ 小雨に打たれ 咲く ...

ふたり舟

怒涛渦巻く この海峡に もまれはじかれ ...

蛍火の宿

我が身焦がして 闇に舞う 迷い揺られる ...

故郷(ふるさと)にありがとう

電話しようか 母さんに 愚痴(ぐち)に ...

花筏(はないかだ)

一途な恋ほど届かない いつでも答えがす ...

こまくさ帰行

あなた宛ての手紙 駅で書いています さ ...

火の舞、北の盆

燃えろョ オジャレ篝火 あの鳥海山 赤 ...

葉桜

鳥海下ろしは 冷たくて 寒い春ほど 赤 ...

ひとり奥入瀬

紅で染った 奥入瀬川に 散って流れた ...

鶴への祈り

愛と希望の 二枚の翼 合わせて鶴は 祈 ...