小犬の神様 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:西沢爽

作曲:船村徹

冷たい雨に 濡れながら
飢えた子犬が いたんだよ
パンのかけらを 分け合って
抱いた男が いたんだよ

子犬がなめる 髭面に
銀の涙が 光ってた
どんな情でも うれしいか
罪に追われる 人間は

(セリフ)子犬は、男に抱かれて三日三晩…
たったそれだけの思い出を忘れませんでした。
「おいらは、悪い奴だよ。だけど心を入れかえて、
きっと、おまえを迎えに来る日がある。
それまで達者で、生きていてくれるよなあ…」

あいつはやがて 捕まって
行ってしまうさ 監獄へ
だけど子犬は 忘れない
たったひとりの 神様を
神様を…
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...